遠隔氣療についてのご説明

毎週日曜日の夜に遠隔氣療を行なうことにしましたが、わたしの遠隔氣療がどういうものなのか、また受け方について少しご説明させていただきますね。

最後まで目を通してご理解いただいてから、お申込みくださいね!

 

 

わたしの氣療は、わたし自身の氣の力だけを使っているのではなく、自然界(集合意識体と呼んでいます)の氣の力を取り込んで、またその集合意識体の氣を通して、皆さまに受け取っていただくというものです。

わたしというフィルターを通すので、わたしの氣も入りはしますけれど、受けていただく際は、自然界の氣を体に取り込むという意識で受けていただければと思います。

 

また氣を受ける際、「何も意識しなくて良い」という形をとる方も多くいらっしゃいますが、わたしの氣療に関しては、ご本人にも受ける意識を持っていただきます。

体には自ら良くなろうとする力が備わっていますけれど、その力を最大限に活かすためには、良くするんだ!という自覚を持つことがとても大切だと感じます。

いつまでも元気で過ごすんだ!しなやかな体を取り戻すんだ!という自分の意思があってこそ、はじめて体の機能を十分に引き出してあげられるのだということを、日々、深く実感しています。

自分のことをどうにかできるのは、本当に自分自身でしかありません。

ですから氣療を受けていただく際も、そんな意識をもって受けていただくと、体の良くなろうとする力、免疫力を十分に引き出してあげることができると思います。

 

そこで、どう意識するかということですけれど、

最初は両手のひらをじっと見るなどして、意識をちょっとだけ集中してみてください。

初めての方は最初は感じにくいかもしれませんけれど、しばらくするとジンジン、ジワジワ、チリチリなどの感覚を感じたり、風や圧を感じたり、熱くなったりと言った感覚があるかもしれません。

その感覚がだんだんと強くなってきたら、体全体に広げてみたり、調子の悪い箇所があれば、その部分に流すようにしてみたりと、ご自分で氣を動かすなどして、思い思いに楽しんでみてください。

時には、無意識のうちに体が動きだす方もいらっしゃいますが、それは体が緊張をほどこうとしている反応なので、できるだけ止めずに動くに任せてあげてくださいね。

最初に意識していただくほかは、特に決まった型があるわけではありませんので、その時に「何となくこうしたい」と感じたままに、楽しみながら受けていただけるといいと思います。

 

 

遠隔氣療は毎週日曜日の22時より30分、定期的に行ないます。

前日か当日に、このブログやFBで「受けたい」という方をその都度、募らせていただきますが、①お目にかかったことのある方 ②コメントやメッセージをやり取りしたことのある方、に限らせていただこうと思います。

また上記以外の方でも、③体調不良などの理由でぜひ受けたい!と思ってくださる方がいらっしゃいましたら、その旨、メールかメッセージをいただければと思います。

上記①②③以外の方は、恐れ入りますがご遠慮いただくか、こっそり受けてください(笑)

 

毎回、ご自身でお申出いただくのはご面倒と感じられるかもしれませんけれど、ご自身で良くするという意識を積極的にお持ちいただきたいという理由で、この形をとらせていただくことにしました。

また、名乗らずに受けていただいても全く構いません。

わたしがお相手の方を意識している時よりは感じ方は弱くなるかもしれませんけれど、受けていただくことは十分に可能ですので。

また、都合により日にちや時間の変更、中止することがある場合も、その都度お知らせさせていただきます。

 

 

氣療を受け続けていると、心身のバランスが整いやすくなって、体調の底上げの助けになっていくはず。

毎日を元気で楽しく暮らすため、年齢を重ねてもいつまでもやりたいことができる、はつらつとした体と心でいるために、少しでもお役立ていただければ幸いです。