自分に優しくするって、どういうことだろう?

「人に優しくする前に、まず自分から」って、よく言われますよね。

この言葉の真意は、自分自身を大切にできない人が他人を大切にできることはない、ということだと思いますが、

この「自分自身を大切にする」ということって、解釈はいろいろできるけど、本当の意味で自分をとことん大切にできている人って、案外少ないのかもしれないな、と思うことがよくあります。

かく言うわたしも、全くと言っていいくらい自分を大切にできていなかったクチですが(;^_^A

だからこそ、必要以上に自分に厳しくしていたり、我慢してしまっている人のことが目に付くのかもしれません。

 

初めて会った方から仕事の内容を聞かれると、「手を貸していただいていいですか?」とお聞きして、ほんの数分ですが整膚をさせていただくことがよくあります。

そんな時に決まって言われるのが、「気持ちいい~」「でも、こんなんで良いの?」という言葉です。

「こんなにソフトで気持ちいいのに、効果なんかあるはずない!」という心の声が何度聞こえたことでしょう(笑)

「刺激が強くないと効果ない、良くならない」
「痛いからこそ効く」

そんな思い込みが人間には備わっているのかもしれません。

我慢してこそ、という思い込み。

でも、動物は絶対に我慢なんかしないですよね。

「痛い!」と感じたら即、逃げますから(笑)

 

施術に関することだけではなく、ほとんどの人には「我慢に堪えてこそ良くなる、成功する」という、理由のない思い込みがあるものなのかもしれません。

とことんやりたいことをやるというのは、すべての責任を自分で負うことに他ならないけれど、その責任を取ることはとても勇気がいること。

その勇気を出せないことの言い訳に、「我慢」という言葉はとても良い隠れみのになりますよね。
だから、口では何と言っていても、我慢の好きな人は多いのだと思います。

辛口でしょ?(笑)

なぜこんな辛口が言えるかというと、わたし自身がついこの前までそうだったからf^_^;

そして今、そこから抜け出す決心をして、我慢しない人生を歩み始めたから。

そして歩み始めたら、全てのことが変わってきたと実感しているから。

 

我慢と辛抱は違います。

時に辛抱が必要な時はありますし、そういうときは納得して辛抱できると思うんです。

けれど、しなくてもいい我慢はしない方が楽だし、「我慢しない」と決めて自分としっかり向き合えば、すべての責任を負う勇気もちゃんと湧いてくる。

そしてきちんと自分と向き合うことによって、ゆとりと安定感が生まれてくる。

そのゆとりと安定感こそが、自分が本当は何を望んでいるのかに気づかせてくれ、人生をうまくいかせてくれるのですよね。

やっとそれが分かりかけてきたからこそ、我慢を重ねている人に伝えたい。

本当は、もっと簡単に楽になれる道がすぐそこにあるんだよ!って。

 

でもね、タイミングってあると思うんです。

心も体も準備できていないのに「我慢を止めなきゃ!」ってがんばる必要はない。

素直に「変わろう!」と思える時があるはずだから、それまで待てばいいのだと思います。

 

わたしは整膚やリラクセンスと出合ったことで、自分に優しくするということの深い意味を知ることができました。

だからわたしにできることは、セッションを通して、体を通して、本当の「楽」と「安心」を皆さまにお伝えし続けること。

わたし自身も自分を楽しみながら、ね♪

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

お茶会『大好き!うちの子シニア♡(仮)』のご参加者を募っています♬
シニアわんにゃんの飼い主さん、我が子の可愛さを一緒に語り合いましょう(^◇^)
ちょっとしたお悩みや不安も、きっと解消されるはず。
皆さまのご参加をお待ちしております♪
日時: 1月15日(日) 13:30~16:00
場所: くつろぎ処あんこ屋
参加費: 2,000円
☆2名以上の参加ご希望をいただいた時点で開催決定となります。
☆お申し込み、お問い合わせはフォームかメールでお願いいたします。

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚