自分をゼロにする、相手を活かす

 

 

 

やっと製本した、うみちゃんの絵本(笑)

近いうちにアップしますね♬

 

 

最近、お顔や頭、首やデコルテの整膚をするのが、がぜん面白くなってきました♪

面白いという言葉が的確かどうか分かりませんけれど(;^ω^)

顏の皮膚に触れることで体全体に及ぼす影響、起こる変化には、とても、とても興味深いものがあります。

 

以前から、顏にも足裏と同じように全身の反射区が存在することは知識として知っていたし、経験上でも、顔だけを整膚しても全身を整える力があり、体全体が軽くなることも以前から実感としてありました。

けれど、今実感している体全体へ届く響きの質は、今まで感じていたものとは全く次元の違う感覚なんですよね。

なんて言ったらいいのか分からないけれど、、、

皮膚を引っ張ることで届く響きの幅も深さも、そして繊細さも、全く比較にならないものだと感じます。

そしてわたし自身が感じていることは、そのまま受けてくださっている方の実感となっていることも確認できて、独りよがりではないということが分かり、ホッとします(笑)

 

この変化の要因として大きいのは、相手の体の声だけに集中できるようになってきたこと。

良くなるための方法は、その人の体が一番よく知っている

だからその声をどれだけしっかりと聴くことができるか、体が知っている改善への道を、どれだけじゃませずにいられるか。

たったそれだけのことなのですけれど、たったそれだけのことをするのが、わたしたち人間にはどれほど難しいことか!

 

「体の声を聴き、寄り添う」というリラクセンスの概念に触れ、「相手の体にたずねる」ということをそれまで以上に意識するようになってからの数年、

自分の考えや知識を差し挟まないほうが良いんだ!と頭では分かっていても、そのクセが体から抜けるにはこんなにも時間を積み重ねる必要がありました💦

それでも、最近になってやっと、やっと、少しずつ、自分をゼロにすることができてきたかな?

自分をゼロにして初めて、相手の本当の姿が見えてくる

そして相手を活かすことができる

その端っこにやっと、やっとたどり着けたかな?という感じです。

 

とはいえ、人間意識し続けないと途端に、「わたしが、わたしが!」の「我」が強くなってしまう生き物。

いつの瞬間も、できるだけゼロ=無の状態でいられるように!

常に意識して過ごします。