「型」と「感じること」

 

先日、初めてのお客さまから施術前にお話をうかがっていた時のこと。

「わたしの望む体の状態と体の意思の間にズレがあるんですよね」

そんな表現をされました。

体の意思

この言葉を使われたということは、自分の感覚と実際の体自身の動きとが違うということを明確に感じていらっしゃるということ。

これって、すごいことだと思います。

 

この方は子どもの頃から体調にいろいろ抱えたりケガを重ねていらっしゃる方で、また、この数年になって新たに気になる症状も出てきたとおっしゃいます。

これまでも鍼灸マッサージ、整体など、様々な施術を受けていらっしゃったことがおありで、長いこと鍼で定期的なメンテナンスをされていたとのことでした。

「それはそれで体調維持の役にとても立っていたと思うんです。でも一方で、これ以上のことは望めないなということも感じてしまったんですよね。」

今感じている自分の意思と体の意思とのズレを何とかしたい!

でも、知識を基にした型にはまった施術や治療では、そのズレの調整はできないと感じていらっゃったわけです。

そしてそのズレを修正するために整膚を試してみようと思い、ご予約くださいました。

 

そのお話をうかがって、整膚そのものは経絡やツボを重視した、体に負担のかからない施術であること、

わたしは経絡やツボよりも相手の体の反応を重視して整膚を行っていることなどをご説明したところ、

「まさにそうなんです!たんに型にはめられるのではなく、今のわたしの体をみてもらいたいんです!」と、とてもご納得いただけたご様子で、施術を受けていただきました。

 

皮膚の感覚が敏感な方とのことだったので、慎重に反応をみながら整膚を始めましたが、そのうちスースーと寝息が。

どうやら安心して受けていただけているご様子でした。

60分の施術が終わり、ご感想をうかがうと、

「こんなに優しいのに、しっかりと届いている、ケアしていただいた感覚があるものなんですね!」

「それに、これだけしっかりと体を感じて施術してくださる方って少ないですよね。やっぱり型を重視する人の方が多いですから」

そうおっしゃっていただきました。

確かに型がある施術の方が一般的だし、それを求める方の方が多いです。

100%相手の体を感じて施術することの意味を、ここまでしっかりとご理解いただいた上で受けてくださって、またそれをここまでストレートに評価していただけることはめったにないことなので、素直にうれしく思いました。

自分が大切にしていることを深く理解していただけることは、とてもありがたいことですね。

 

 

もしかしたら誤解される方もいらっしゃるかもしれないので念のため・・・

型をもとに行う施術がよくないとは決して思っていませんし、それが合っている方もいらっしゃると思うんです。

ただ、わたしには体を感じて施術をすることのほうが合っている、そして、そのために感じやすい「手」を与えていただいているのだと思っています。

それが、必要とする方のお役に立っていることは、心の底から嬉しい!

この方の、ご自身の意思と体の意思のズレを修正する作業を加速させられるように、そして必要としてくださる方に喜んでいただけるよう、日々精進するのみです。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

~気持ち良い♪コリ解消!美肌✨~

「一石三鳥!のセルフケア」

日時: 7月12日(水) 10:00~11:30
場所: HAMMAM(鎌倉駅西口徒歩約3分)
tel: 0467-24-8660
参加費: 3,000円

★動きやすい服装でご参加ください
★詳くはこちらをご覧ください

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚