他人はすごい人に見えるのね

 

昨晩から今日にかけての台風、皆さまの地方は大丈夫でしたか?

被害が出た地域もあったようですね汗

どうか一日も早く普段の生活に戻られますように!

 

 

敬老の日の今日は、高校時代の友人たちと数カ月ぶりの女子会へ。

久しぶりに会ってもすぐに打ち解けられるのは、昔からの友人関係だからこそでしょうか?

一緒に過ごす時間はとてもリラックスして、たくさんしゃべってたくさん笑いました(#^.^#)

 

話していて分かったのですけれど、主婦だったり会社員だったりする友人たちからしてみると、自営という形で働いているわたしは、「本当にすごいよね~!」と感じるらしいです。

でもわたしから見れば、ずっと一つの職場で経験を積み重ねていたり、家族のために育児や家事を全うしている彼女たちの方が、ずっとずっとすごいと感じています。

ほとんどの女性が当たり前のように結婚して、当たり前のように子どもを生んで育てて、ということをこなしていて、

そりゃ時には放り出したくなることもあるでしょうし、現実逃避をしたくなることもあると思いますけれど、

それでも結局は投げ出すことなく、人ひとりを(あるいは二人とか三人とか)立派に育てあげている姿というのは、その経験のないわたしからして見れば、この上なくすごいこと!

母親業を経験している人にはどうやっても敵わない。

それなのに彼女たちからすると、わたしの方がすごいことをしているように見えるなんて。

なんで?信じられない!(゚o゚〃)

でもきっと人って、自分が経験していないことをしている人を見ると、すごい!って思うものなのですね。

そして他人からどんなに「すごい!」と思われていても、本人にしてみれば、ただ自分の前にあることを当たり前のこととして、淡々と続けてきているだけなのかもしれませんね。

 

他人のことがすごい人に見えて、それに引き換え自分は・・・と思えてしまう時、もしかしたらその人も同じように、あなたのことを「すごいなぁ!」と思っているのかもしれません。

本人はただ淡々と何のドラマもない日々を当たり前のように過ごしているだけ・・・と思っているかもしれませんけれど、

どんな経験であれ、その経験はその人だけのもの。

どんなに似たような経験をしていても、全く同じ経験をしている人は一人としていないはず。

人から「すごいなぁ」と思われるようなことって、そのただ淡々と当たり前に積み重ねている日々の中にあるのですね。

 

他人もすごいけど自分もすごい!みんなすごい!んですよね。