ホ・オポノポノ~小さな幸せのために

年末のあわただしい時期、皆さま体調を崩されたりしていませんか?

「なにもこの時期になって、こんなこと起こらなくても~!」という方、きっとそれは大浄化。

年内に毒出しをしっかりして、スッキリと新年を迎えましょう!という神さまからのメッセージに違いありません。

中途半端にやり過ごすことなく、しっかり養生して抜いてしまってくださいね!

 

 

 

今日はちょっと分かりにくい話かもしれませんけれど、ピンポイントでキャッチしてくださる方が一人でもいらっしゃるのではないかと思って書きますね。

 

 

生きていると、本当にいろんなことが起こります。

どんなに苦しいこと、辛いことでも受け止めるしかない。

そして最終的には本人が乗り越えるしかなくて、他人がどうしてあげることもできないですよね。

そんな時、本当に無力なんだと思って悲しくなることもあるけれど、、、

でもね、多分、何もできないわけではない、はず。

 

 

今年になってから詳しく知ったホ・オポノポノの考え方。

ホ・オポノポノって?という方は、こちらをご参考になさってください
      ⇒ 

 

この考え方が正しいか正しくないかなんてわかりません。

ただ、意識はみんなつながっているのだということは、氣療を行っていても実感できること。

それに、これが正しくないという証明もきっとできないですよね。

だったら、わたしが見聞きしていることで心が痛むのであれば、そしてわたしにできることで、それが何かの助けになるなら、ただ淡々とやり続けよう。

そう決めて実践しています。

 

 

人の幸せって、多分そんなに大げさなことじゃない。

自分を含む周囲の人たち、家族や友だちや職場の仲間とか、大切な人たちみんなが毎日つつがなく生活できること、

今この時を笑って過ごせること、

それさえあれば、後はおまけのようなもの。

そんな小さな幸せを守りたいと、心から願っています。