変化~日々の暮らしが潤う

 

この仕事をしていてとっても嬉しいことは、ガチガチだったりバンバンだった体が徐々に緩やかになって、「楽になった」と言っていただけることはもちろんですけれど、

それにともなって、普段の過ごし方や、自分に対する接し方に変化が表れるのを間近で拝見できること、感じられることが何よりの喜びです。

 

 

「体がついていかないから」と諦めていた旅行に、何の不安もなく行くことができるとか、

それまでは体形やオシャレなどにあまり気を遣わなかったような方が、スリムになってきたことを素直に喜んでいらっしゃったり、着るものの色に気を遣うようになって、明るい色を身に付けるようになられたり、

そんな日常の小さなことの一つひとつを、喜びとともに大切にされる姿を拝見すると、目に見えない部分にも大きな変化があったことがうかがえます。

日々の暮らしが潤うって、本当に素敵なことですよね。

 

 

体が変わると、内面・心も確実に変わります。

それは、マイナスとプラスのどちらにも働く力です。

コリや痛みなどの体の緊張状態が長いことずっと続いていると、知らず知らずのうちに心も生活もギュッとしてしまいます。

この「知らず知らずのうちに」というのが怖いんですよね。

わたし自身も、そしてセッションをしている中でも何度も経験がありますけれど、そういうのって緊張状態から抜けて初めて、「あ、わたしずっとギュッとしてたんだな汗①」と分かるものだったりします。

だからこそ、辛い状態を決して放置しないでほしいんです。

 

 

体が緩むと心も緩みます。

そして、あなたが緩むと、家族や友人や仕事仲間など、周囲の大切な人たちも緩みます。

全ては波動、影響し合うものですから。

どうせ影響し合うものならば、良い波動を出し合って過ごしたいですね!