「だって自分で選んだんだから」

実はわたし、ずっと昔から所ジョージさんが好きなんです♪

そう言うと、以前は「え~?!なんで?」って変人扱いされたものですけど(笑)、最近は「分かる、分かる~!わたしも好き~!」という人が増えてきました。

ある方が、「時代が彼についてきた」と言われていたけれど、そういうことなのかもしれませんね。

 

 

所さんの楽しく自由な生き方に憧れる人はとっても多いと思います。

多趣味なことでも知られているけれど、多趣味だから素敵だというわけじゃないんでしょうね。

多趣味なだけの人ならたくさんいるけれど、その人たちみんながみんな、憧れられるような生き方なわけじゃないし(笑)

所さんを所さんたらしめる部分はどこなんだろう?と思っていたら、先日、「あぁ!」と思わせられる発言に出合いました。

 

 

愛妻家でも知られる所さんですけれど、リポーターだったかな?からの「奥さんに不満はないんですか?」というような質問に対する所さんの答えが

「だって自分で選んだ人だから」

!!

何気なく発せられた一言でしたけれど、実は所さんの生き方への姿勢がすごく如実に表れている言葉だなぁ、と思いました。

 

 

わたしたちは毎日、毎瞬、何かを選択して生きています。

その中でも結婚は人生で最大の選択の一つだと思うんですね。

お見合い結婚だろうと恋愛結婚だろうと、その相手と結婚すると決めたのは自分自身。

自分で決めた相手のことを悪く言うのは、その相手を選んだ自分自身を貶めると同じこと。

自分が選んだのだという自覚と、その自分自身に対する自信と責任感があればこそ、この発言になるのだな・・・と思いました。

 

 

所さんは当たり前のようにサラッと言われていましたけれど、たとえ頭で分かっていても、それが自分の生き方として身に付いていなければ、なかなか言えることではないですよね。

自分自身を偽らず、自分が選び取ってきたことに不満を言うのではなく責任を持つ。

そういえば、彼が人を悪く言うのを聞いたことがないなぁ。

自分を大切にするというのは、こういうことなんですね、きっと。

本当にすごいなぁ~と思うんですけど、あのキャラクターだから全くお説教臭く響かない。

それもまたすごいところだし、だからこそ「こんな風に生きたいなぁ」と思わせてくれるのでしょうね。

 

 

そしてこれは、結婚相手やその他の対人関係に限ったことではなく、例えば仕事や学校など、環境に対してもいえることだと思うんです。

わたしなんて、少しうまくいかないことがあったりすると、相手のせいにしたり環境のせいにしてしまうことがよくあります💦

でも、その人間関係を選んだのも、その環境を選んだのも、最終的には自分自身。

たとえそれが他人から勧められたことだとしても、「他に選択肢がなかったんだもん」と言い訳したくなるような場合でも、それでも最終的に決めたのは自分自身なはず。

どんな状況でも、自分が決めたのだという自覚を持ち、自分が決めたことへの責任を持つことが、楽しく自由に生きることへの第一歩なんですね。

 

 

 

大好きな所さんの生き方の根底に流れる、自分自身と人生に対する真っ直ぐな姿勢。

少しでも身につけて、自分らしい”人生の達人”を目指していきたいなと思います。