遠隔氣療→祈りと遠隔氣療の時間とさせていただきます

約2年前から毎週日曜日の22時から30分間、遠隔氣療をさせていただいておりましたが、前回は初めて皆さまと一緒に”祈る”時間を共にさせていただきました。

そして今後は、毎月第1週目は同じように祈る時間を持ち、それ以外の日曜日はこれまで同様、ご希望者に向けて遠隔氣療を行う予定ですと皆さまにお知らせしておりました。

けれど、この1週間考えた結果、これを変更することにいたしました。

 

 

毎週日曜日の22時から30分間行うことは変わりありませんけれど、

毎週ともに、最初の15分間はご希望くださる方と一緒に、世界を幸せで満たすため、地球を癒すために“祈る”時間を持ちたいと思います。

そして後半の15分間は、これまで続けてきたとおり、ご希望くださる方へ遠隔氣療を行います。

 

 

なぜ皆さまとの祈りの時間を持とうと思ったのか?については、先週も書きましたけれど再度書かせていただきますので、一度お読みくださった方には重複いたしますが、もう一度お読みいただければと思います。

 

 

わたしたちが住む地球は、至るところで様々な問題が起こっています。

たとえ遠い場所で起こっていることであっても、直接自分の人生に関係ないと思われるようなことであっても、同じ地球に生を受けたわたしたちにとって、起こっていることは全て、決して無関係ではありえません。

そしてその物事を解決するために直接できることがないとしても、「皆にとってベストな形に変化していきますように」と祈ることはできますよね?

 

 

わたしは祈りの力を信じています。

もちろん一人で祈ることはできますけれど、皆が力を合わせて無心に祈るとき、物事を動かす大きな力になると信じています。

そして今、皆が心を一つにして世界の平和と幸せのため、地球を癒すために祈ることが、とても必要なのではないか?と痛感しています。

もし同じように思ってご賛同くださる方がいらしたら、ぜひご一緒に心を合わせてお祈りしていただければと思います。

 

 

ここで念のために一言。

“祈る”という言葉を使っていますけれど、決して宗教的なものではありません。

ですので、祈る対象は神さまでも仏さまでも、イェス・キリストでもアッラーでも、大いなる存在でも、全く問いません。

各自が信じる“存在”に対してお祈りしていただければと思います。

大切なのは、心を一つにして、自分自身を含む全ての生きとし生けるもののために良きことが起こるようにと意識を向けること、です。

 

またその際、一つだけ心がけていただきたいことがあります。

「被害が少なくなりますように」とか「戦争がなくなりますように」など、マイナスに見える出来事を否定したり排除するような祈り方はしないでください。

代わりに、「みんなに平安が訪れますように」「世界が愛と平和で満たされますように」など、望む状態をプラスの言葉を使ってお祈りしてください。

そして理想とする素晴らしい世界を思い描きながらお祈りしてください。

意識を向けたモノ、コトを拡大させるのが意識の働きです。

好むと好まざるとに関わらず、マイナスにフォーカスすれば、そのマイナスを拡大してしまう結果になるのです。

ぜひこれだけは忘れずに、お祈りしていただければと思います。

 

 

こういうわけで、皆さまとの”祈り”の時間を持つことを決めたのですけれど、実際に行ってみて、これは月に一度だけではなく、できれば毎週この時間を持つことが必要なのでは?と感じ、

一方で、もしかしたら30分間祈るという行為は、ごく一般の方には長すぎると感じられるかもしれないとも思い、

その結果、冒頭でご説明した通り、毎週祈りの時間と遠隔氣療の時間を15分ずつ持つことに決めました。

決めたと言っても、今後皆さまから新たなご要望があったり、求められていることが違うと感じられた時には、フレキシブルに変更していこうと思います。

 

 

もし賛同くださり、ご一緒にお祈りしていただける方は、いつものようにコメントくだされば心強く嬉しいですけれど、ひっそりと気持ちを合わせてお祈りしてくださっても嬉しいです。

どちらでもお気持ちにお任せします。

そして遠隔氣療につきましては、詳しいことはこちらをご覧ください。

 

 

何だか説明が長くなってしまって、分かりにくくなってしまっていたらごめんなさい💦

この取り組みによって一人でも多くの方のお気持ちがひとつになり、たくさんの方々の幸せと平和につながることを心より願っております。