整膚とリラクセンス・ボディセラピーを通して、体の手当て+心にも手当て

contact
access

ブログ

みな幸いであれ

2017/3/25

小池龍之介さんという方をご存知でしょうか?

東大出身という異色の僧侶で、仏教の教えを通して、どうすれば生きやすくなるのか?を、独特の語り口で紐解いてくださいます。

時々とても読みたくなるのですが、昨日、心に残った一節がありました。

それは仏典「経集」の中で慈悲について書かれているというこんな内容。

 

* * * * * * * * * *

心が乱れていて不幸なものも
心がしっかりしていて定まっていて幸福なものも
みな一様に幸いであれ

大きなものも 小さなものも
みな幸いであれ

自分が今まで見たことがある存在も
まだ目で見たことのない存在も
みな幸いであれ

近くにいる存在も 遠くにいる存在も
みな幸いであれ

すでに生まれたものも
これから生まれようとするものも
みな幸いであれ

自分の憎しんでいるものも
みな幸いであれ

* * * * * * * * * *

 

小池さんご自身が毎日、毎食前にこのような瞑想を行っていらっしゃるということなのですが、ポイントは、この中に自分自身も入れてあげるということ。

「心が乱れて不幸なもの」か「心が定まっていて幸福なもの」のどちらかに、自分を含めて「幸いあれ」と祈る。

「大きなもの」か「小さなもの」のどちらかに、自分の存在を含めて「幸いあれ」と祈る。

全ての境界を乗り越えて、自分を含めたすべての存在に慈悲の念を送る。

 

自分を許し、癒し、他人を許し、癒す。

簡単なようで、これを常とするのはとても難しいことかもしれません。

でも、ずっと目指していきたい姿です。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

明日、日曜日の22時より30分間、遠隔氣療を行ないます。
ご希望くださる方はこちらをお読みいただいた上で、コメント欄にてお知らせください。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

ゴマ油の底力?!

2017/3/24

もうすぐ16歳半になるあんこ。

 

 

3週間ほど前にちょっと体調を崩して、一時は「今度はちょっとやばいかも・・・」と思いましたけれど、抗生剤を4日間飲んだら食欲も戻って、すっかり元気になりました♪

散歩をしていても、「あれ?なんだか前より元気になった???」と言われます。

動物の生命力って、すごい!

 

それでも年齢なりにあちこちにいろんな症状は出ていて、その一つが歯肉炎。

おそらくその影響だと思うのですけれど、この1~2年、左目の下のあたりに炎症によるかさぶたができてはポロリ、できてはポロリを繰り返しています。

でも、治療となると麻酔は必須。

高齢のあんこには負担が大きすぎるし、食べるのに不自由はしていないので、そのまま様子を見ています。

 

ところが、3週間前に体調を崩したとき、きっと免疫力が落ちていたのでしょう。

かさぶたが見る見るうちに大きくなって、普段の4倍?5倍?というくらい巨大になっていました。

「どうにかしなくちゃ!」と考えていた時にふと思いついたのが、ゴマ油。

以前、ブロ友のミカリュスさんが記事にされていたキュアリングしたゴマ油の効能
(パリ在住のミカリュスさんのブログはとてもオシャレかつ含蓄があるので、ぜひご訪問くださいね!)

それをきっかけに自分でキュアリングして使い始めたのですが、それ以来、お肌に髪にうがいにと、マルチに活躍してくれています。

もしかしたらあんこの炎症にも効果あるかも?と思い、お口の中にペトッ、傷口にペトッと毎日塗ること10日ほどでしょうか?

 

 

 

目の下の広範囲、ちょっと毛の剥げている部分全体に広がっていたかさぶた(炎症)が、見事に収まってきたんです!

これ、かなり良いのかもしれません!

もしかしたら目薬代わりにもなるかも?と、最近は右目にも使って、様子を見ています。

今のところいい感じなので、またしばらく様子を見ようと思います。

 

ちなみに、ゴマ油のキュアリング方法は、ミカリュスさんも記事の中で紹介されていた、こちらのサイトを参考にしました。 ⇒ 

わたしは肌も髪もこれ一つで済ませています。

ご興味のある方は、ぜひお試しくださいね!

 

 

太陽はいつもそこにある

2017/3/22

ご近所で、雪柳が見事に咲き誇っていました♬

 

 

春分も過ぎ、これからは昼間の時間の方が長くなってきますね。

春が近づいていると感じて、それだけでワクワクしてきます♪(←単純!)

太陽が出ている時間が長くなることは、こんなにうれしいものなんですね~!

 

曇っている日や雨の日には、わたしたちの目には太陽は見えませんけれど、雲の上にはいつも太陽はあるんですよね。

「今日は気が向かないからお休みにしよう~」なんてことはないはず(笑)

 

辛くて苦しくて、「光なんてこれっぽっちも見えない!」と絶望的な気持ちになることもあるけれど、必ずいつも光はあるはず。

思ってくれている人、心を寄せてくれている人は必ずいる。

それを信じて、ちょっとだけ上を向いてみましょう。

きっと雲の向こうに、わずかに明るくなっている部分が見えてくるはずです。

そしてそのことに気づいて感謝の涙があふれたときに、きっと道は開けてきます。

 

どんな時にも、心の中の太陽をなくさずにいたいですね!

 

 

腕を回していたら足首まで良くなった?!

2017/3/21

セッションをしていると、体が良くなっていく過程で、「そんなルート、あり?!」と感じることがよくあります。

例えば、腕をグルグル回していただけなのに「腰痛が良くなった!」というのであれば、「腕を回すことで背中の皮膚や筋肉まで動くものね」と、何となくわかるような気がしますけれど、

中には、もっと離れた「ふくらはぎや足首の方まで響いている!」という方もいらっしゃるんですね。

それも、腕を回している角度や大きさが変わると、響いている箇所も変化するようで、その度に「あ、今度は膝の裏側に響いてる」とか「あ、動いた!今度は足首の内側の上の方だ!」とか、その変化を事細かに感じられているようです。

腕を回したら腕が楽になるのは当然ですけれど、腕や肩だけでなく、遠く離れた足先の方にまで響きを伝えて改善を促す力が、わたしたちの体には備わっているということなんです。

これほどまでに体って、わたしたちの想像を超えた働きをするのですね!

体に答えを尋ねる意味が、ここにあるのですね。

 

そして、このことをもう少し深堀りしてみると、もしかしたら、逆方向にも同じことが言えるのかもしれません。

どういうことかというと、、、

痛みや滞りや緊張などの不調が生まれる時にも、もしかしたらその痛みの箇所からずっと離れた部分が原因になっていることもあるかもしれないな、ということです。

例えば腕を無理して使ったことが原因で全体のバランスを崩し、それが結果的に足の痛みになって出ている、、、という可能性もありますよね。

そう考えてみると、たとえどんなに些細な部分でも、無理をした体の使い方をすると、他の部分に影響が出るかもしれない。

だからいつでも体に無理強いをせず、体を楽に使ってあげることはとっても大切なんですね!

 

普段から、無理のない楽な体の使い方をちょっとだけ意識してみましょう。

きっとそれだけでも、不要な緊張がほどけていくと思います(#^.^#)

 

 

どんなに辛いときでも、お帰りの時には満面の笑顔で!

2017/3/20

昨晩は、SOSの方に整膚をさせていただきました。

ずっとお疲れがたまっていたけれど、3月中は何とか乗り切って、4月になったら来ようと思っていたのだそう。

ところが前日にちょっとしたトラブルがあって、なによりも精神的に参ってしまってと駈込んでくださいました。

精神的にダメージを受けると、体にも大きく影響しますものね。

どよ~んと力なく虚ろな目でいらっしゃったのですが、足湯をして、ポツリポツリとお話をしながら整膚を受けていただいていたら、そのうちにスースーと寝息を立てていらっしゃいました。

 

今回は体に滞りが積もっていらしたので、いつもより長めに整膚。

終わってまどろみから覚める頃には、いつもの目力が戻っていました♬

そしてお茶を飲みながら、前日の出来事についてひとしきりおしゃべり。

スッキリしてくださったようで、良かったです(#^.^#)

 

整膚をさせていただくといつも思うのですけれど、

整膚を受けていただいて、体も心もすっかりと緩んだ後で、「実はね、こんなことがあって・・・」とお話しくださる方は、とても多いんです。

毎日の生活、いろいろストレスがたまることも多いですけれど、その真っただ中にいる時って、そのことについて口にできないことも多いですよね。

その渦中から抜け出し始めて、過去のことになり始めたときに初めて、冷静に口にできるものなのかもしれません。

整膚はそれを早めてくれる効果もあるのかな。

そう感じます。

 

どんなに辛い状態でも、お帰りいただくときにはすっかり抜け出して満面の笑顔で!

それが何よりうれしいです♡

 

 

「ゆるみきった」感覚が分かった!

2017/3/19

 

昨日の夕方は、叔父にリラクセンスでのメンテナンスに。

もともと腰と膝が悪い叔父。

股関節から膝までの大腿部と、膝から下の部分がねじれているような感じもあって、動きがギクシャクとしていたし、余計な緊張がたくさんあって、すぐに張ってしまうことが多い人でした。

それでもメンテナンスを重ねていると、少しずつではありますが、叔父自身も上向きの変化を感じることも多くなってきました。

そして昨日、一段階大きく改善した?と思わせることが!

 

昨日もいつものように、緊張の強い脚を中心にゆるゆる。

そのうちに脚がパタンパタンと床を打ち付けるような動作を続けた後、最後にパタンと打ち付けて、ピタッと動きを止めました。

その瞬間、叔父の口から「ありがとう」のひと言。

びっくりすると同時に、「うわ!ここまで改善してきた!」とうれしくなってしまいました。

 

このことの何がそれほど驚くべきことなのかというと・・・

 

これまでは、「今日、体がゆるめるのはここまでだな」と感じ取り、判断するのはわたしだけでした。

叔父自身がそれを感じ取ることはなく、わたしが終わりといったから終わりなんだなと理解するだけだったんです。

ところが昨日は、わたしが何を言うまでもなく、叔父自身でそれを感じ取ったからこその「ありがとう」の言葉だったんですね。

試しに叔父に「終わりって感じた?」と聞いてみると、「何となくそんな気がした」と。

やっぱり~♪

 

体のことに関してはわたし任せで、自分で感じるということは全くしようとしないタイプだった叔父ですが、

自分の体を感じることの大切さを少しずつ説明して、少しずつ自分の体を意識してもらえるようになってきていました。

そして、あれほど緊張の強かった叔父でも、「自分の体が今ゆるめる範囲までゆるみきった」ということを感じられるまでに体にゆるみが戻ってきていて、それをまた無意識のうちに感じ取れるようにまでなってくれていたんですね。

そのことが本当にうれしかったし、80歳になっても改善の方向に変化することができるんだということを確認できたことも、とてもうれしかった!

 

この1月で80歳。

それでも今なお、外で働いている叔父。

人と話すのが大好きな叔父が、少しでも元気で長く働いて、いつまでも楽しく過ごしてもらいたいと思います。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

本日22時より30分間、遠隔氣療を行ないます。
ご希望くださる方はこちらをお読みいただいた上で、コメント欄にてお知らせください。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

 

徹底的にゆるめてみたら・・・②

2017/3/17

ここ最近、自分の体を徹底的にゆるめよう!と思い立って、リラクセンスでゆるゆる、整膚でゆるゆるしているということをお伝えしました。

その結果、体の冷えがなくなってきた!というお話はこちら↓で
『徹底的にゆるめて見たら・・・①』 

今日はその他に気づいた変化についてお伝えしようと思います。

 

冷え以外に気づいた、わたし的に大きな変化は、「頭のデコボコがほとんどなくなってる~!」ということです。

 

「・・・・・・・・・・」

 

えっ?!

「そんなこと?」と思われましたか?

そう思ったあなた!ご自分の頭に手を当ててみてください

頭が滑らかなカーブを描いて、頭皮も柔らかいという方は、この先は読まなくて結構です。

でも、「あれれ?こんなにデコボコしてたっけ?」「なんでこんなにガチガチなの?」という方は、ぜひこの先もお読みになってみてください。

 

ご自分の肩コリや首のコリを感じる方は多いですよね?

でも、そういう方のほとんどが、頭がデコボコしていて硬かったり、頭がむくんでいると言ったら驚かれる方も多いかもしれません。

実際、来てくださる方のうち、8~9割がたの方の頭が、このどちらかの状態なんですね。
ご本人にお伝えすると、やはり自覚のない方が多いんです。

 

これは7年近くこの仕事をしていての経験から感じることですが、肩や首のコリを訴えられたとき、肩や首だけをゆるめても、芯までゆるむことはほぼありません。

頭の皮膚をゆるめて初めて、首筋のハリやゴリゴリがゆるんできます。

頭がデコボコ、むくんでいる、こっているということは、頭皮の血流が悪くなっているr証拠。

頭の血流が滞っていては、首筋や肩にまで十分な血流が届かないということは、考えてみれば当然のこと。

普段はなかなか頭の状態まで意識が向かないので気づきにくいだけなんですね。

 

わたしの場合、頭をゆるめようと思っていたわけではありませんし、体がゆるみたい方向へゆるみたいだけ動かしてあげる意識をもって、体全体的にゆらゆら、ゆるゆるしていただけでした。

それが結果的に、デコボコだった頭を、なだらかで柔らかくしてくれたというわけです。

ちなみに、デコボコとして血流の悪い頭だと、白髪も増えるし、必要以上にクセッ毛になってしまうそうですよ。

わたしは元々がクセが強い髪質なのですが、頭皮をゆるめることで、少し落ち着いてくれるかも?という密かな期待も寄せています(笑)
体をゆるめることで気づいた変化はまだまだありますので、またご報告させていただきますね!

 

 

「セルフケア・レッスン」に変更します

2017/3/16

本当に久しぶりに、セルフ整膚レッスンのご希望をいただいて、出張してきました。

そして、とっても大切なことに気づかせていただきました。

 

これまで、「セルフ整膚レッスン」やお茶会、ワークショップなどで、整膚を皆さまのセルフケアのお役に立ててただけたらと思いお伝えしてきましたが、

セルフケアのために最も必要なのは、整膚のやり方なのではなく、どういう意識でご自身の体に向き合っていただくのか?ということなのだということが、より明確になってきました。

もちろんこれまでも、ことあるごとに皆さまにお伝えしてきたことではありますけれど、入り口はやはり「やり方」でした。

けれどこれまでの経験から、整膚のやり方、皮膚の引っ張り方にばかり意識が向いてしまうと、かえって緊張して、本来得られるはずの効果を半減させてしまいかねないということも、はっきりとわかってきたんですね。

逆に言うと、どう体に向き合うかという意識がきちんとしていれば、技術は後からついてくるものなのですね。

それがとても明確になってきました。

 

そこで、セルフケアのメニューを変更することにしました。

「セルフ整膚レッスン」(旧) ⇒ 「セルフケア・レッスン」

このレッスンで主眼を置くのは、体・皮膚への意識の向け方。

それをお伝えする過程で行うことが、そのまま、セルフ整膚やセルフ・リラクセンスのレッスンにもなっていきます。

技術よりも大切な、ご自身の体に向ける意識を、どこまでも優しいものにしていただくこと。
そこを目指します。

 

「セルフケアをしているけど、今一つ効果がでないのよ~」

そう感じていらっしゃる方は、ぜひ一度こちらのレッスンを受けてみてくださいね!

個人でもグループでも承りますが、お勧めはグループでのレッスンです。

お互いに皮膚に触れあう方が、確実に力がつくスピードが上がりますから♪

 

セルフケアをするなら、楽しく気持ち良く続けられることが絶対条件!

ぜひ、一度お試しくださいね(^◇^)

 

 

 

徹底的にゆるめてみたら・・・①

2017/3/15

3月になって何だか寒くなった?と思っていたら、今日はまたひときわ風が冷たく感じますね。

季節が逆戻りという感じですけれど、もしかしたらこの寒さのおかげで、23日くらいと言われていた桜の開花が少し遅くなるかも?

既にお花見の計画を立てていた方には、かえって良いかもしれませんね!

 

 

この10日くらいかな?

自分の体を徹底的にゆるめよう!と決めて、毎日暇を見つけてはリラクセンスでゆるゆる、整膚でゆるゆるしています。

毎日続けると、さすがに確実に結果が出てくるもので、この短期間で様々な変化を感じています。

その中で、昨日ふと気づいたのが、「体の冷えがなくなっている」ということ。

 

元々は骨の髄からぞくっとするくらいの冷え性だったのですけれど、整膚に出合ってセルフケアということを知ってから、ずいぶん冷えなくなってきたと感じていましたが、

セルフケアも、”何となく”の感じになって久しいこの頃では、すごく冷えているのではないけれど、かといって芯からポカポカ!とは言えない状態でした💦

でも、ずっとその状態でいるので、それほどの不便を感じるわけではなく、「こんなもんでしょ」という気持ちもどこかにあり、ほったらかしていたんですね。

でも、こうして毎日しっかりと意識してゆるゆるとメンテナンスを続けてみると、確実に体は変わってきていて、気づいたのが体の芯が温かいということでした。

体がゆるんできたことで血流が良くなり、深い部分の緊張がほぐれたことが要因なのでしょう。

ゆるんで楽になって初めて、自分がどれほど冷えていたのかということに気づきました。

 

いつもお客さまには、「長年ずっとその状態だと、本当は冷えていても自分では気づかないものなんですよ」とお伝えしているのに、当の自分ができていなかったんですね💦

深く反省!!!

冷えは諸悪の根源、多くの病気の原因になってしまいますから、体を芯から温かくしておくこと、あらゆる機能を循環させてあげることは本当に大切ですね!

 

今は見ないフリ、気づかないフリでごまかせても、これから先、70代、80代になっても元気でやりたいことを楽しめるようにいたいと思ったら、今からきちんと向き合っておいたほうが楽ですもんね!

後からケアしようと思ったら、きっと何倍も時間がかかって大変なことになりそうだし(;^ω^)

わたしが今、徹底的にゆるめよう!しなやかで軽やかな体にするぞ!と決めたのも、元気にやりたいことを楽しんでいらっしゃる、キラキラと素敵に輝く諸先輩方の姿を拝見したから。

「あんな風になるぞ!!美しくなるぞ!」という気持ちは。、大きな原動力になりますね♬

 

コリや緊張をすっかりほぐすこと、芯からゆるめることの大切さ、改めて身をもって実感しました。

 

 

徹底的にゆるめることで変化したこと、気づいたことは他にもまだまだありますので、またお伝えさせていただきますね!

今日も穏やかな一日をお過ごしください♡

 

 

 

小さなペンパル~母から子への整膚

2017/3/14

先日、大切なペンパルから手紙が届きました。

 

 

小学5年生の女の子。

元々は数年前に彼女のお母さまとブログでお知り合いになって、母娘さんともに整膚の大ファンになってくれました。

お母さまがわたしのブログを読まれて、娘さんが寝つきが悪い時などに見よう見まねで整膚をされたそうで、

それから娘さんはお母さまから受ける整膚が大のお気に入りになって、「プチプチやって!」とせがむようになったそうなんです。

その後、東京からお二人で何度が逗子までお越しくださって、お二人に整膚をさせていただいたこともありました。

逗子までは距離があることと、お母さまのお仕事がとても忙しいので、年に1~2回ではありますけれど、逗子に来ることをとても喜んでくれています。

 

そうして次に逗子に来るまでの間、こうしてお手紙をくれるんですけれど、

 

 

その手紙はとても素直でまっすぐで、

わたしが忘れてしまった何かを思い出させてくれ、時に自分が役立たずに思えて落ち込むようなことがあっても、彼女からの手紙が本来の自分のあるべき道に立ち返らせてくれるようで、

とてもたくさんの勇気と愛をもらっています。

絶対の信頼というのは、これほど人に勇気を与えてくれるものなんですね。

 

また逗子に来てくれた時には、心をこめて整膚してあげたいと思っています。

 

 

お母さまがお子さんに整膚をしてあげることは、子どもに絶対の安心感を与えるものです。

難しく考えないで、皮膚にフワッと手を置いて、ただやさしく皮膚をゆるゆるしてあげてください。

お子さんがどう感じているかに穏やかに意識を向ければ、どんなリズムでゆるゆるしてあげれば良いかも、きっと感じ取っていただけるはず。

その穏やかな時間が、母子の絆をしっかりと結んでくれるはずですから。