整膚とリラクセンス・ボディセラピーを通して、体の手当て+心にも手当て

contact
access

ブログ

しっくりこない、居心地の悪い感じって

2016/2/6

気がつけば節分も過ぎ、いろいろな意味で新年が始まっていますね。

今年は初の恵方巻に挑戦!(笑)

あんなの一気に食べられるわけないじゃん!って思っていましたけれど、意外に食べられるもんだなぁ~と思ったのは、わたしが大食いだから?(笑)

 

今年は行動して、自分の人生を意図していく年にしたいなと思っています。

この「人生を意図する」という言葉が浮かんだのは、去年の終わりころだったでしょうか?

これまでの人生、どことなく他人任せ、成り行き任せだったことに思い至り、そんなことはもう終わりにしたいなと感じたんですね。

で、起こる物事の中から、自分にとって大切にしたいと感じることや、これ面白いかも!と思うことがあったら、できる限り積極的にかかわっていこうと決めました。

でもね、決めたと言っても、ちょこちょこと今までの自分の思考が顔出してくるわけです。

「別に無理しなくてもいいんじゃない?」

とか、

「それ、本当に必要なの?」

とか、

それまで頭のどこかで、「結果が出ないことはやらない方が損しない」的発想が根深くあって、その思考のクセがつい出てくるんですよね。

だから、いくら決めたと言っても、すぐにはしっくりと来ないんです^_^;

でも、だからと言ってそこでひるんでいては、それまでとは変わらない。

「だって決めたじゃない!」と、エイヤ!って行動する、ということを繰り返していたら、、、

やっぱりその方が楽しいし、おまけに何だかわからないけれど、いろんなことがうまく回っていることに気づきました(^^♪

それに気づいてから、しっくりこない感はずいぶん薄れてきたように感じています。

そうそう、わたしが送りたい人生は、しっかりと意図しながらも、それに固執しすぎることなく、来た流れにはうまくスイスイ乗っていく感じ♪

そのやり方に少しずつ慣れていけそうな気がしてきました(#^.^#)

 

面白いもので、同じようなことを、最近、お客さまにお話しすることが多いんですね。

体の緊張が少しとれて正しい姿勢に整えると、その正しい姿勢に違和感を感じられる方が多いんです。

それは、緊張がたくさん積もった体での悪いバランスの姿勢に、あまりにも長い間親しんでしまった結果のこと。

それが正しいとインプットされているのですから、それとは違うバランスに、いったんは戸惑ってしまうんですね。

使っている筋肉も違うのですから当然のことなんです。

そういう時は写真を撮ってお見せして、今バランスが悪いと感じているその姿勢が実はとても整って美しい姿勢何ですよ~ということを、実際に目で見て分かる形でお見せしています。

そうすると、目から入った情報によって、感覚と実際のずれを修正しやすくなるんです。

これを繰り返していくうちに、一時的に感じているバランスの悪さが、実は本来はもっとも楽な状態なのだと身体で理解できていくんですね。

 

「しっくりこない感じ」や「居心地悪い感じ」というのは、時には今までとは違うステージにいる自分に気づかせてくれるシグナルかもしれません。

そう意識してそのことに気づいたら、不思議と居心地の悪さは薄れていくかもしれませんね♬

 

<追記>

こういうときって普段以上にエネルギーを消耗するものなので、いつもよりしっかりと休む時間をとるようにしてくださいね!

 

 

 

たくさんの感謝を

2016/2/2

昨日のOne☆Pawの募金活動。

いつものようにたくさんの方々のご厚意により、多くの募金を頂戴いたしました。

募金をしてくださった皆さま、そして活動をお手伝いくださった皆さま、いつも本当にありがとうございます。

活動の様子は、どうぞこちらのブログをご覧くださいね!
→ 

頂戴しました募金は全額、市内や近郊で保護活動を行っているボランティアさまへ、One☆Pawよりお渡しいたします。

寄付の詳細につきましても、後日上記のブログにてご報告させていただきますね!

 

 

そんなこんなで、おかげさまでいくつかのボランティア活動も粛々と継続させていただいています。

これは本当にありがたいことだなと思います。

ある程度時間の自由が利く仕事だからこそ、こうして自分がやりたいと思う活動を続けていられるのですから。

お客さまがいらしてくださるから、こうして生活をしていられるのですし、わたしがやりたいと思っていることを理解し、応援してくださる大勢の方がいてくださるから、折れずに続けていられる。

本当に感謝以外の何物でもありません。

その分、がんばってやり抜かなければいけないと思いますし、また、何らかの形で皆さまに還元できるように、もっと成長したいとも思います。

 

まずはお客さまに、もっともっとご満足いただけるような施術を、

全ての人が自分の人生を胸を張って生きることができる社会になるように、

皆さまに喜んでいただくために、わたしができることを続けていきます。

 

今日は新たなお客さまに、初めてリラクセンスを受けていただきました。

今まで意識したことのなかった、新たなご自分の体の存在に気づかれたようでした。

崩れたバランスが当たり前になっていましたけれど、少しずつあるべき方向に改善していかれると思います。

こうして改善のお手伝いをさせていただけることも、全て感謝です(#^.^#)

 

 

明日、2月1日は募金活動を行います

2016/1/31

今日で1月も終わり。

この分だとあっという間に1年が終わってしまいそう(笑)

ぼんやりせずに、一日一日を大事にしたいものです。

 

今日は久しぶりに、One☆Pawの活動の告知を。

 

明日、2月1日は偶数月恒例となっている、保護犬・野良猫のための募金活動を行います。

人間の身勝手によって、やむを得ず殺処分される犬や猫の数は、年間でおよそ13万頭(平成24年)。

一日におよそ360頭の犬や猫が、何の罪もないのに殺処分されているのです。

神奈川県は殺処分がゼロと言われていますけれど、それも保護ボランティアさんがキャパを超えてまで件名に保護してくださっている結果の数字。

保健所に持ち込まれている犬・猫たちは後を絶たず、このままではボランティアさんが疲弊していくばかりです。

 

そして、さらに大きな問題が。

 

「殺処分ゼロ」と謳ってしまったばかりに、「ここでは殺処分しないんでしょ?」と言って、持ち込まれる動物の数が増えてしまっているという現状。

それほどまでに心無い飼い主が多いということに、同じ飼い主として恥ずかしさと憤りと覚えずにはいられません。

 

わたしたちが目指すのは、単なる数字上の殺処分ゼロではなく、保健所に持ち込まれる犬や猫の数をゼロにすること。

垂れ流されっぱなしの蛇口を閉めることだと考えています。

その一方で、今いのちの期限を限られている犬や猫の命を救うこと。

この両輪が機能しなければ、本当の意味での殺処分ゼロは実現しないと考えています。

 

この募金活動では、そのようなこともきちんと知っていただきたいと、様々な掲示物を使っての啓発活動も行っています。

飼い主が自分たちの家族である動物を、生涯きちんと飼うこと。

その基本の基本をしっかりと守りさえすれば、動物にとっても、そしてわたしたち人間にとっても、この上ない豊かな社会が実現すると思っています。

 

この2か月に1回の募金活動を始めて、4年以上が過ぎました。

ありがたいことに、募金と知ってわざわざ駆けつけてくださる支援者の方も少なくありません。

「いつもお疲れさまです。ありがとう」

そのような言葉をかけてくださる方も、たくさんいらっしゃいます。

このような方々の熱い想いにより、わたしたちは活動を続けてこられたのだと、いつも実感する瞬間です。

思いは皆同じ。

「小さな命も大切にしたい」

 

そんな皆様の想いの詰まった募金は、全額、市内や近隣で保護活動をされている保護団体さんや個人ボランティアさんへ、One☆Pawが責任を持ってお渡ししております。

寄付のご報告は、One☆Pawのブログに掲載させていただいておりますので、どうぞそちらをご覧ください。

(One☆Pawのブログ → 

 

小さな命の炎をつなげるため、皆さまのご協力を心よりお願い申し上げます。

 

保護犬・野良猫のための募金活動

日時: 2月1日(月) 13時~20時
場所: JR逗子駅東口(海岸側)改札前
☆掲示パネルも展示しておりますので、ぜひご覧になってください。

 

 

原因なんて限定できないものだから

2016/1/30

1週間ほど前から、左目の視界にごみのような浮遊物が入っていて、ちょっとうっとうしいと感じてました。

元々飛蚊症があるのですが、その一つが大きくなったという感じ。

「もしかして網膜剥離?」などと気になって、なかなか勇気が出ずに、この1週間ウダウダしていたのですが、

こうしていてもらちが明かないと覚悟を決め、眼科に行ってきました。

結果としては、網膜も黄体も異常なし。

このゴミのような物体が視界から消えることはないということですけれど、心配するようなものではなかったということでした!(ホッ)

 

分かってみればなんてことないことですけれど、自分で感じている以上に心配が大きかったのでしょうか?

今朝から、目に症状のあった左側の肩が張っていることに気づきました。

心と体、本当に密接に関わり合っているんですね!

悪いものではないとはっきりしたことだし、肩もよくなってくれるかな?

 

 

初めて施術を受けてくださったお客さまから、よく「どこが悪いんでしょう?」とか、「何が原因なんでしょう?」と聞かれることがあります。

原因の一つと思われることが分かることもありますし、分からないこともあります。

「原因の一つと思われる」と書きましたけれど、本当に断定できることは少ないんですよね。

もちろん一つや二つ、断定できることもあります。

でも、本当にそれだけ?と問い直すと、そうと言いきれません。

これまで40年、50年、あるいはそれ以上生きてきて、その間に、今も覚えていること、いないこと、本当にたくさんのことが起こってきたと思います。

 

こどもの頃にすっ転んで、左ひざを思いっきり打ったとか。

中学生の時に体育の授業で、右足首を捻挫したとか。

家のテーブルの角に右ひじをしこたま打ったとか。

 

または外傷でないとしても、

子供のころから両親が厳しく、自分の意見など言えなかったとか。

高校生の頃、ひどい振られ方をしてひどく傷ついたとか。

ひどいいじめにあって、誰も信じられなくなったとか。

嫁入り先の姑さんからひどい仕打ちを受けたとか。

 

このような身体的な傷や、心の傷。

今は過去のものとなってしまい、すっかり良くなったと思っていても、その時の緊張感が体に残っているということは、本当によくあるものです。

覚えている記憶なら、それが原因と分かりますけれど、記憶に残らないくらい些細だと思っていた出来事が、深い緊張となって残っているということも多々あります。

そう考えると、不調の本当の原因というものを特定することが、いかに困難なことなのか分かってきますよね。

 

だから、表面上、症状をとるだけでは根本の改善にはならないんです。

深い部分に残っている緊張をとってあげること、それが何よりも大事なのだと思います。

きっとその緊張は玉ねぎのようなもの。

一つ取って痛みがなくなったと思ったら、それより深くにあった他の緊張の存在に、痛みという形で気づくこともあるかもしれません。

そうやって一つひとつ、取り去ってあげることで、わたしたちが本来持っている、しなやかな体を取り戻すことができるのだと思います。

 

 

「もうこんな年になっちゃったから」と言われる方も多いですけれど、、、

これからの数十年を、全て諦めて過ごすのか?

自分の足で飛び回ってやりたいことを楽しむのか?

決めるのは全て自分なのだと思います。

そして、始めるのに遅すぎるなどということは決してありません!

「よし、やろう!」そう思った時がタイミングなのだと思います。

 

 

「よし、これからの人生、楽しむぞ!!」

そう思われる方のお役に立てたら、本当に嬉しいし幸せです(#^.^#)

一緒にどんどん楽しんでいく人生にしましょう♬

 

 

 

お茶会でした & 2月のお茶会の日程

2016/1/28

今日の午後は『整膚 de お茶会』、5名の方にご参加いただきました♪

初対面の皆さま、最初はちょっとした緊張感もあってぎこちなさもありましたけれど、自己紹介をし合っておしゃべりを始めたら、徐々に打ち解けた雰囲気になってきました。

共通の話題や、同じようなことに興味を示したり。

こうして何回かお茶会を開催していると、集まった方々のご縁というか、集まるべくして集まった理由があるものなんだということが分かります。

 

さて、そろそろ整膚のレッスンをしましょうということで、いつものように二人一組になっていただいて、デモンストレーションを観ていただきながら、お互いに整膚をし合います。

DSC_0018

普通の人にとっては、人の体に触れることさえちょっとした緊張感を呼ぶもの。

ましてや施術をとなると、緊張して当たり前。

「うわ!力が入っちゃう!」

そんなことを言いながら、おっかなびっくりだったのが、組み合わせを変えて整膚し合うにつれて・・・

DSC_0020

 

DSC_0019

何だか皆さん、プロのような慣れた手つきになってきましたよ!

 

1時間半ほどかな?整膚をした後は、

「気持ちよくって眠くなってきちゃった~」

「手がすごく柔らかくなった!」

そんなお声も聞かれました(#^.^#)

「やっていても気持ち良いんですよね~」

整膚はされる側だけじゃなく、する方も癒される施術だということを体感されたようでした。

これって、かなり深く体得されたってこと!

すごいです~♬

 

皆さん、今夜から毎日、少しずつ整膚を続けて、きれいに元気になってくださいね!

 

今回も緩やかで楽しいひと時となりました。

ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました<(_ _)>

 

2月のお茶会ですが、18日(木)の開催を考えております。

「火曜日にやって~!」というご希望の声があったのですが、2月はちょっと調整つかず、ごめんなさい<(_ _)>

開催まで1か月を切ってしまいましたが、日程の調整がつきそうな方は、ぜひご参加くださいね!

 

「整膚 de お茶会」

日時: 2月18日(木)13時~16時
場所: くつろぎ処あんこ屋
参加費: 2,000円

整膚の気持ちよさ、素晴らしさを何とかして皆さまにお伝えして、体験していただきたい!
整膚を必要とする方が、ご自身でのケアを継続できるようにサポートしたい!
そして何より、皆さまに喜んでいただきたい♪

そんな想いで企画しました。
皆さま、ぜひご参加ください(^◇^)
そして、「あの人好きそう!」と思うようなお友だちがいらしたら、ぜひご紹介ください(#^.^#)

 

 

hammamさんで2回目の整膚ワークショップを開催します

2016/1/25

昨年11月に鎌倉のhammamさんで開催させていただいた「きゅっと小顔&ぴかぴか美肌の整膚ワークショップ」

おかげさまで大好評いただきまして、第2回目の開催が決まりました!

hammamさん、ご希望の声を上げてくださった皆さま、ありがとうございます<(_ _)>

20160227 hammam

日時は2月27日(土)10:30~12:30。

実践中心、鏡張りのお部屋でのワークショップですので、その場で効果のほどをご確認いただけます。

前回は8人ご参加いただいて、組み合わせを変えながらワーキャー言いながらの楽しいひと時。

「こんなんで大丈夫かな?と思いながらでしたけど、それでもこんなに効果出るんですね!」と、心底驚いたご様子でした。

それはそうよね、皮膚引っ張るだけだもんね、それでこれだけ顔が変われば驚くよね、

わたしは慣れてしまったので感動が薄いんですけれど(笑)、こうして初めて整膚に出合ってくださった方々の素直な反応を目の当たりにすると、初心に戻り、改めて整膚のすごさを実感したりします。

 

でも、だからと言って最初から自己流だと、どうもうまくいかないみたい^_^;

それも、レッスンやお茶会、ワークショップなどにご参加くださる方がいつも教えてくださいます。

「見よう見まねでやっていたけど、全然違った!!」と。

どうせやるならしっかりと効果の出るやり方を覚えて、うんときれいに健康になっていただきたい!

そう思っています。

 

 

「健康や美容のために、自分で簡単に毎日続けられる方法がないかな?」

そう思っていらっしゃる方は、ぜひワークショップにご参加くださいね!

その日から家で実践していただけるように、ポイントを分かりやすくお伝えします。

それに一人でこっそり練習するよりも、みんなでワイワイ楽しみながらやった方が、絶対に効果も上がります!

ご興味のある方は、直接hammamさんへご連絡してくださいね♬

 

「きゅっと小顔&ぴかぴか美肌の整膚ワークショップ」
日時: 2月27にち(土) 10:30~12:30
場所: 鎌倉hammam (西口より徒歩3分、御成通り奥)
参加費: 2,500円
      次回お使いいただける整膚トリートメントの割引券(¥500off)
&お茶&いちじく付きです♪

お問い合わせ・お申込み: hammam:0467-24-8660

 

皆さまとお会いできますこと、心より楽しみにしております(#^.^#)

 

 

全国のリラクセンスのセラピストが紹介されています

2016/1/24

いつもお読みくださいまして、ありがとうございます(#^.^#)

 

今日は関西や九州方面を中心に、全国的に荒天の地域が多いようですね。

関東は風が少々強いくらいで済んでいますけれど、かなり冷え込んでいます。

このまま寒い日が続くのかと思いきや、この寒気が過ぎるとまた暖かい日がやってくるとも言われていて。。。

異常気象と言われて久しいですけれど、この冬はことさらに異常さを実感しますね。

 

今日お客さまが口にされていた言葉、「自分の体は自分でしか守れない」

本当にその通りだと実感しています。

例え人の手を借りたとしても、それを活かして本質的な改善へと向かうのか、その場しのぎで終わってしまうのか、それもやはり自分が決めるのであり、その「決める」ことこそが、「自分で自分を守る」ということなんです。

外側の環境がどうであれ、本来備わっているはずの自分自身の生きる力をしっかりと発揮して、いろいろなことからの影響を受けにくい体にしておきたいものですね!

そう、この寒さの中でもしっかりと咲き始めている、この花のように♡

 

12583721_502003523311136_649608705_n 

以前、種を差し上げたツルコザクラ。

去年咲いた後のこぼれ種から花開いたとのご報告をいただきました♪

植物って、すごいなぁ~(*’▽’)

 

 

さて、話は変わりますが、、、

 

わたしのブログを通して、リラクセンス・ボディセラピーにご興味を持ってくださった方も何人かいらっしゃるようですが、

この度、協会のホームページで全国のセラピストが紹介されることになりました!

こちらがそのページです ⇒ 

「興味あったけど、近くで受けられないかな~?」

そう思われていた方は、ぜひお近くのセラピストさんを探してみてくださいね!

 

整膚もそうなのですが、リラクセンスはこれまでの施術の概念をひっくり返すような新しいアプローチの施術ので、これまで受けられたどの施術の感覚とも全く違うはずです。(整膚とも違いますし)

ですから皆さん、お受けいただいた後に必ず、「う~ん・・・・どう表現したらいいんだろう?」と頭をひねってしまわれます(笑)

「すっごく気持ちよかったんだけど、この感覚は初めてですね~!」

「これは受けないと絶対に分からないですね!」

皆さまが口をそろえておっしゃるその感覚を、あなたもぜひ体感してみてくださいね!

お近くのセラピストは、こちらで検索していただけます ⇒ 

 

 

マイわんにゃんポートレート「ドルくん」

2016/1/23

 

昨年秋から年末にかけて、「マイわんにゃんポートレート」のご注文がゆるゆると続いておりました。

大切な絵を任せてくださることに、本当にありがたく思うばかりです。

中でも、ご自身のワンちゃんだけでなく、大切なご友人へのプレゼントにと、繰り返しご注文くださる方がいらっしゃって、何と申し上げて良いのか言葉が見つからないくらい嬉しいことで、ただただ感謝の一言しかありません。

Sさま、いつも本当にありがとうございます<(_ _)>

そんなSさまからの今回のご注文は、ご自身の愛犬、ドルくんの肖像画。

20160114 佐竹ドルくん

「しげみさん。
すごすぎます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ドルのひとみに私の姿までうつりこんでます。」

「娘は『これ、写真だよね?』って言ってました(笑)」と。

お気に召していただけて、本当に良かった!(ホッ!)

 

肖像画を描かせていただく際、一番大切にしているのは、飼い主さんがどこに「その子らしさ」を感じていらっしゃるか想像すること。

そして写真の中のワンちゃんやネコちゃんに「お願い、良い絵を描かせてね!ママに喜んでもらいたいの」とお願いすること(笑)

時には描き直すこともありますけれど、描きあがってお渡しした時に飼い主さんに満面の笑みで喜んでいただける瞬間は、本当に嬉しく、ホッとします。

 

 

「なんでボディワークと絵なの?」

きっとそう思われる方もいらっしゃると思いますし、わたしもその点に悩んだこともありました。

でも、わたしのライフワークは、わたしができることで人に喜んでいただくこと、安心していただくこと、幸せになっていただくこと。

それを叶えるものであれば、肩書きや方法はどうでもいいのかな・・・と思うようになりました。

わたしの絵で幸せな気持ちになっていただけるとしたら、それは神様と両親が与えてくれた宝物。

そしてその宝物は、わたし自身のためだけでなく、きっと人のお役に立てるために授けられたもの。

今では素直にそう思えるようになりました。

 

 

この「手」を与えてくれた神さまと両親にたくさんの感謝の気持ちを送りつつ、これからもご依頼くださった方に喜んでご満足いただけるような絵を描き続けていきたいと思います。

 

 

大宝物

2016/1/22

 

昨日の午後は高齢者施設でボランティア整膚。

どうやら一部でインフルエンザを発症された方がいらっしゃるようでしたけれど、蔓延せずに済みそうだとのことで良かったです。

暖冬と言われた今年の冬ですが、ここへきてググッと寒い日が多くなってきたので、インフルエンザもそろそろ流行してくるのでしょうか?

免疫力を高めておくことが一番の特効薬。

しっかりとしたお食事と、十分な睡眠が何よりですね!

 

そのボランティア整膚ですが、もう5年くらい続けていて、何度も受けてくださっている方も多いのですけれど、覚えている方もいらっしゃれば、全く覚えていらっしゃらない方も(笑)

そして喜んで受けてくださる方もいらっしゃれば、かたくなに拒否されたり(人に触れられること自体がダメな方もいらっしゃるので)、気が進まないながらも受けてくださる方もいらっしゃいます。

昨日受けてくださった中のお一人の男性は、気が進まないクチでした。

「マッサージはお嫌いですか?」とお聞きすると、「好きじゃないなぁ~」と。

「お嫌いでしたら止めておきましょうか?」とおたずねすると、「ん~、嫌いってわけじゃないけど。。。そういうの、あんまりやったことないからわかんないよ」と。

「じゃ、嫌だったらやめますので、おっしゃってくださいね」

そうお伝えして始めさせていただき、片手の先から腕全体の整膚を終える頃、開始して3~4分というところでしょうか。

「なんだか熱くなってきちゃったよ、気のせいかな?」と一言。

気のせいじゃないですよ~と、整膚のメカニズムをお伝えすると、「いや、本当に熱くなってきたよ!面白いもんだね~」

どうやら気に入っていただけたみたい?(笑)

 

通い始めた当初は、ちょっと気が進まない感じの方がいらっしゃると、すぐに遠慮して引いてしまっていたけれど、

ちょっと触れて受けていただくと、案外安心されて、逆に喜んでいただけることも多いという経験を繰り返した結果、ちょっとくらい気が進まないご様子なだけなら、少し強引にさせていただくこともあったりします(笑)

打たれ強くなったのかもしれませんね~(笑)

 

 

お話ししながらの整膚、時にはすごく学ばせていただくこともあるのですが、

昨日、一番最初に整膚させていただいたご婦人がおっしゃってくださったことが、とても心に響いたので、少しシェアさせてくださいね!

 

その方の手を取って指から整膚を始めると、「この手はたくさん働いてきたんだよ」と。

「子どもを3人育てて、家の中のことも全部やって、そうして働いてきた手なんだよ」

「すごいですね!宝物ですね!」とお伝えすると、

「ただの宝ものじゃないよ、『おお』が付くんだよ!『大宝物』だよ!」

「私だけじゃないよ、あなたの手も大宝物。みんなだってそうなんだよ。だから大切にしなきゃだめだよ!」

 

自分を愛する、自分の体を大切にする、慈しむということは、きっとこういうことなのですね。

自分の体を大宝物と慈しむ気持ちがあれば、きっと毎日を丁寧に生き、他人をも大切にすることが自然とできるのでしょう。

「美味しいお昼ご飯を食べて、こうしてマッサージまでしてもらって、良い人ばっかりでわたしは幸せもんだ」

何度もそう繰り返しお話ししていらっしゃいました。

 

この方はきっと、これまでlの人生のどの瞬間もこうやって生きていらしたのだと思うし、きっとこれからの残りに時間も同じように豊かな気持ちで過ごされるのでしょう。

豊かに生きるということ、幸せを感じるということ、それは他の誰でもない、自分自身で叶えるものなのですね。

 

最期まで楽しくしなやかに生きたいですね!

2016/1/21

 

体をひどく崩されていた方が、徐々にしなやかさを取り戻して、毎日の生活の質が上がっていかれているご様子を見るのは、何とも言えず嬉しいものです。

無理な仕事が祟って、体の奥深くの緊張がとても強く、関節もガッチリと固まって、まるで「動くもんか!」と踏ん張っていたようだったのが、

首から骨盤までって本当につながっているね~!と分かるほど、しなやかに動くようになった時は、わたしまで心底嬉しくなりました♪

 

最近のあんこを見ていると、年をとったからといって、ただただ衰えるばかりではないのだな~と実感させられ、驚くばかりです。

手術をした後あたりから、筋力がめっきりと落ちて、トイレの間隔も近くなり、このままどんどん衰えてくるのかな?と思っていたのですけれど、、、

この1年?半年くらいで、また活力を取り戻してきたようで、歩く姿も力強くなり、トイレの間隔もずいぶん開くようになってきました。

 

生きている以上、寿命はあるし、いつかは動けなくなるものだけど、

できるなら、最期の瞬間まで自分の足で歩き、しっかりと食事をし、思う存分生き生きと楽しんで暮らしたいものですよね!

そんな未来の姿を実現するために、少しでもお役に立てるなら、本当に幸せ(#^.^#)


何よりも、自分の意識ひとつで体も生き方も変わってくるものだということを、しっかりと皆さまにお伝えしていきたいし、それを納得していただけるに値する自分でいようと思います。