整膚とリラクセンス・ボディセラピーを通して、体の手当て+心にも手当て

contact
access

ブログ

湿布の効果的な貼り換え時、ご存知ですか?

2015/11/8

26日の新月のお茶会、ただ今3名の方にお申込みいただいています。
嬉しい♪ありがとうございます<(_ _)>

整膚って指で皮膚を引っ張るだけの、とてもシンプルなことなのですけれど、シンプルだけにやり方一つで効果が違ってきてしまうので、、
できればちゃんと気持ちよく効果が出るやり方を覚えていただきたいと思います。

だって整膚を知っていると、自分の体を全くの他人任せにするのではなく、自分自身の財産として大切に育むことができるようになるから。
自分自身を慈しむということがどういうことなのか、感覚的に分かるようになるから。
そして何より、健康で美しくなりますからね~って、わたしが言ってもあまり説得力ないかぁ~(笑)

 

さて、、、

皆さんきっとよくお世話になるのに、意外に効果的な使い方をしていらっしゃらない方が多いな~と思うのが、湿布。

「半日くらい貼りっぱなし」とか、「昨日からつけっぱなし」という方が少なくない。
でも、この時点で、多分すでに湿布としての効果はなくなっているんですよね~

これ、接骨院に通い続けている人でさえ、ご存じない方が多いという・・・(;^ω^)

なので、以前勤めていたクリニックの看護師さん直伝の、効果的な湿布の取り換え方をお伝えしますね。

 

それは、「ひんやり感やジンワリと効いている感がなくなったら、さっさと取り換える!」

「ひんやり」や「ジンワリ」は薬液が染み込んでいる証拠。
その感覚がなくなるということは、薬液を使い果たしてしまったということです。
そのまま張り続けていても役立たずなんですね。

特に打ち身や打撲、捻挫などの直後は炎症がひどく、薬も早く使い果たしてしまうので、湿布を貼った後、きっと20~30分もしないうちに生ぬるくなってくると思います。

そうなったら即、貼りかえるべし!

炎症がひどい場合は、一日に10枚以上使うかもしれませんけれど、もったいないと思わずに、温まってしまったら、こまめに貼り替えましょう。

こうやってこまめに取り替えていると、打ち身ぐらいなら1~2日で初期の炎症はすっかり収まります。

 

ご存じなかった方は、もし湿布のお世話になることがあったら、このことを思い出してくださいね!

何事も早期に徹底的に対処してしまうのが得策です♪

 

26日のお茶会、2名お申込みいただいています♬

2015/11/7

今日はお仕事の後で、市内の神社の境内で開催されているコミュニティーパークへ♪友人たちも出店していたので、あんこと二人で出かけてきました~(^◇^)

この時期にしては暖かく、人出もあってにぎわっていましたよ。
おいしそうな食べ物やお酒やワイン、それにステージではサックスカルテットの演奏で、本当に心地いい時間を満喫できました♡

友人たちも、好きなことを仕事にして、とても輝いていました。
充実し輝いた顔を見ていると、こちらまで元気で幸せになります!
素敵な一日をありがとう(#^.^#)

 

 
26日のお茶会ですが、ただ今2名の方にお申込みいただいています。
嬉しいです!ありがとうございます~♡

2名でも十分楽しいお茶会になると思いますけれど、、、
もう少し人数がいたら、きっともっと楽しい時間になると思うんですよね~(笑)

「整膚っていったいどんなの?」と思われている方
「簡単にきれいになる方法があるならぜひ知りたい!」という方
「おしゃべりした~い!」という方
「あんこやうみに会いたい!」という方

ぜひ一度お茶会に参加してみてくださいね♬
手作りの素朴なお茶菓子と美味しい紅茶をご用意してお待ちしております(*’▽’)

 

セラピストだけが知る難しさと面白さ

2015/11/5

ご訪問ありがとうございます(#^.^#)

 

寒くなってきててきめんに寝る時間が多くなってきたうみ。

DSC_0012

動物は自然に添って生きています。

人間も、日照時間が少なくなる冬場は睡眠を多く必要とするそうなので、覚えて心がけたいですね!

 

 
リラクセンスをやっていて、皮膚にそっと触れたときに、本当にささやか~な皮膚からの訴えのようなものを感じることがあります。

動いていると言えないほどの、本当に微かな動き、変化。

「どうしたい?」と皮膚に問いかけながら、辛抱強く待っていると、ある瞬間、まるで蝶番が外れたように、フッと動き始めたりするんです。

 

その瞬間にいつも気づきます。

「体の声を聴く」ということの真の意味を。

そして体の奥深さと面白さを。

 

理屈でもなく、知識でもなく、ただ体が知っていることを教えてもらうだけというスタンスを貫くこと。
相手を100%受け容れ、ただただ寄り添うだけ。

 

その「だけ」がどれほど難しく、また素晴らしい結果を生むのかは、実際に施術をやっている者にしか分からないんですけれど、、それでいい。

だって、受ける人にとっては結果が全てですから。

 

その場で実感!小顔&美肌の整膚ワークショップ in hammam

2015/11/4

いつもお読みくださいまして、ありがとうございます(#^.^#)

 

そろそろコーヒー豆が切れるから買わなくっちゃ!と思っていたら、インドネシアのコーヒー豆がやってきた!

しかも大好きなマンデリンブレンドです♪

引き寄せたかな?(笑)

 

さてと、、、

先日少しだけお話ししたhammamさんでのワークショップ、詳細が決まりました。

20151119 hammam

『その場で実感!きゅっと小顔&ぴかぴか美肌の整膚ワークショップ』

 
整膚って、ほんの数分やるだけで肌が変わるのを実感していただけるんですよ。

皮膚が薄くスッキリして、しっとりときめが整い、血行が良くなるので肌色が1トーン上がります↑

もちろん1回きりの施術では、数時間からせいぜい1日しか持ちませんけれど、

毎日繰り返し整膚を行うことで、肌の質そのものが底上げされて、美肌が身につくようになるんです。

 

そんな整膚ワールドの入り口にと企画していただいたワークショップです。

道具は使いませんので、何も持たずにお気軽にご参加いただけます。

ご興味を持ってくださった方は、直接 hammamさんへお申込みくださいね!

hammamさんの電話番号は、0467-24-8660

 

翌週の26日には、あんこ屋でお茶会も開催しますので、ご都合の良いお日にちでご検討くださったらうれしいです(*^▽^*)

(「おしゃべりも思う存分楽しみたい!」という方は、お茶会の方が良いかも~)

 

みんなできれいに元気で楽しく過ごせたら、それが何よりですよね!

どちらのイベントも、そんな素敵な集まりにできたらと思っています♡

たくさんの方のご参加をお待ちしております!

 

真っ直ぐな気持ちが嬉しくて。。。

2015/11/3

今日は片道1時間半以上かけて整膚に来てくださったTさん母娘。

5月に始めて来てくださったのですけれど、お母さまのNさんとはず~っと前にブログでコメントをし合っていた仲。

そのころから整膚にご興味を持ってくださっていて、娘さんのMちゃんにも見よう見まねで整膚をやっていらしたそうで、

Mちゃんは整膚のことを「プチプチ」と呼んで、気に入ってくれていたそうなんですよね♡

ところが今回は、プチプチではなく、ちゃんと整膚って呼んでいてくれました♪

ありがとうね~(#^.^#)

 
Mちゃん、お菓子と手作りのアクセサリーとお手紙を持ってきてくれました(^^♪

DSC_0017

あんことうみとイチゴとピザですって♪かわいい!(*^▽^*)

 
お手紙には「ずっと前から慈巳さんに会いたいと思っていました」と書かれていて・・・

おまけに、「Mね、学校で、行きたいところっていうテーマで作文を書くときに、『あんこ屋さんに行きたいです』って書いたんだよ」なんて。。。

お母さまも、「この子ずっと、『早くあんこ屋さんに行きたい、うみちゃんとあんこちゃんと慈巳さんに会いたい』って、そればっかり言ってたんですよ」と。

 
Mちゃんの真っ直ぐな気持ちが本当にありがたくって、嬉しすぎて、でもどんな顔をしたらいいのか分からなくて。。。(/ω\)

ただただ、Mちゃんに恥じないようにしっかりと生きたいと思うばかりです。

 

 

整膚を生業にして生きていこうと思ってから、大変なこともたくさんあったし、「もうダメかも」と思うこともたびたびでしたけれど、

こんな風にわたしを信頼してくださる方、整膚を好きになってくださる方の温かい真っ直ぐな気持ちに支えられて、ここまでやってこられたのだと実感します。

そして、これからも数えきれないくらいたくさんの方のお世話になって、生きていくのだと思います。

そんな風にすばらしいご縁をたくさんいただけること、本当に感謝以外の何ものでもありません。

ありがたいです。

 

いただくものと同じくらい、いえ、それ以上に還元できる自分でいられるよう、成長していきたいと思います。

 

岩盤浴整膚でデトックス!

2015/11/2

今日は冷え込みましたね!

12月初旬の寒さだったとか、寒いわけだ・・・さむい。

この気温差、皆さま体調管理はしっかりなさってくださいね!

 

わたしはといえば、、、

今日は鎌倉hammamさん で岩盤浴整膚のご予約をいただき、60分みっちりと施術させていただきました♪

おかげさまで汗びっしょりかいて、わたしもデトックスさせていただき、身体もポカポカです↑

 

ご予約くださったのは、先日お試しで20分の整膚をご体験くださった方。

首筋がとても楽になられたとのことで、「全身コースを体験したいと思ったんです」と。

ありがとうございます(#^.^#)

そして普段岩盤浴だけの時よりも、しっかりと汗をかいて代謝が良くなったことを体感してくださいました♪

 

長年気になっている症状もおありなのですが、ご自分でも毎日整膚を続けていたいただくことで、必ず良くなりますよとお伝えすると、

「本当ですか?そんなこと言ってもらったことありませんでした、良かった!」と、嬉しそうにおっしゃっていました。

自分の体に触れて、大事に丁寧にケアしてあげれば、必ず体は応えてくれます。

がんばりましょうね!

 

施術も終えて、ゆるゆると体の整え方をお伝えしたり、スタッフの顔をちょこっと整膚しながら、皮膚って薄くなるんですよ~なんてお話ししているうちに、「そうだ!ワークショップやりましょう!」ということになり・・・

11月19日(木)にhammamさんでワークショップを行わせていただくことになりました♪

詳細は後日お知らせさせていただきますね!

ご興味のある方は、この日、ぜひ空けておいてください(^◇^)

 

おかげさまで、いろいろ楽しいことがいっぱいになってきました(^^♪

ありがたいです♡

 

身体は正直

2015/11/1

DSC_0014

今日お越しくださったTさまから、「お昼ご一緒してくださいませんか?」と、崎陽軒のお弁当を差し入れにいただきました。

ありがとうございました。

そのTさん、「あんこ屋さんに通い始めて、3年になるんですよね~」と。

いつの間に、そんなに立ったんでしょうねと笑いあったのですけれど、
決して短くはないその期間、信頼してお体を預けてくださっていること、改めてありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

Tさま、ありがとうございます。

 

そのTさん、整膚の前に右脚が「とっても疲れて張っているの」と訴えられていました。

「了解!」ということで、左腕から整膚を始めて右腕に移ってすぐに、Tさんがクスクスと笑い始めるので「?」と思ったら・・・

「さっき、右足が辛いっていったじゃないですか。そうしたら今、左脚がジンジンしてきたの。『僕の方が辛いんだよ!』って」

確かに、実は左脚の方がガッチリと硬くなっていたのは事実。
そしてその左脚が整膚の刺激に反応したのだということなんですけれど、、、

Tさんは左脚から伝わる反応を、左脚からの訴えとキャッチしたわけなんですね!

「体って正直ですね~」と整膚しながら笑いあっていたのでした。

 

こんな風に体と会話できると、ちょっとした変化にも気づきやすくなりますから、大きく体調を崩しにくくなりますよね♪

その秘訣は、普段からちゃんと体に意識を向けていること。
その積み重ねで、体の声をキャッチできるようになりますから!

 

というと、「鈍感なわたしでもできますか?」と尋ねられる方が必ずいらっしゃるので(笑)、先回りしてお伝えしますが・・・

生まれたときから鈍感な人は誰一人いません。

ですから意識をちょっと変えて、普段から少しずつ体に触れたり、目を向けることを続ければ、必ず感じるようになるものです。

 

そのために、まずは「わたしは鈍感」という言葉を封印してください。

言葉の影響って本当に大きいんですよ!

「わたしは鈍感」って繰り返していると、本当にどんどん鈍感になっていっちゃいます。

 

マイナスの言葉はきっぱりと封印して、そして毎日優しく体に触れてくださいね!

触れることで、日々自分の体がどういう状態なのか分かってきますし、それが分かるとちょっとした変化に気づくことができますから。

 

そうやって体に触れていると、自分のことが愛おしくもなるものです。

そして大切にされればされた分、身体も正直に応えてくれるものですから。

 

健康も美も、そうやって育んであげるものではないかな・・・と思います♡

 

ストレスはちゃんと自覚しましょうね!

2015/10/31

いつもお読みくださいまして、ありがとうございます。

DSC_0008

 

このところ気温が日替わりで上下していますね~
そのせいか、お越しくださる方も皆さま口々に、「ちょっと凝ってると思います」とか「なんだか滞っているみたい」とおっしゃいます。

人間の体は5度以上の気温差には対処できず、ストレスになると言われています。
季節が秋から冬へ向かうこの時期は、一年の中でも特に体に応えると覚えておいて、工夫して過ごしたいですね♬

 

一般的にストレスというと、自分の生活を脅かすような出来事だったり、不安や不満、良くない人間関係など、一般的に言われる「良くないこと」が原因だと思われていますよね?
でも、もっと気をつけたいのは、結婚や出産、昇進、転居など、自分にとって喜ばしい、おめでたいことの裏にも、ストレスはあるということ。

結婚によるストレスは、家族の死と同じくらいのストレスがかかるって知っていましたか?
つまりこれも先ほどお話しした、大きな変化には人間は対処しにくいということの表れなんですね。

しかも、こういった喜びの裏のストレスは、嫌な出来事によるものよりもたちが悪いと思います。
だって嫌な出来事によるものなら自覚がありますものね!
自覚があれば、ストレスを発散しようとしますよね?
でも無自覚に受けているストレスは、気づいていない分対処もしませんから、知らず知らずのうちにどんどんたまってしまう・・・なんてことになってしまいがち。

大切なのは、知っておくこと。

たとえ自分にとって喜ばしい出来事であっても、それが大きな変化を伴うものであれば、必ずストレスを受けているもの。
そう知っておけば、きちんと対処して溜めない工夫ができますから。

 

どんなことでも「自覚する」って大事ですよね!
現状を知ってこそ、道を開くために何をすべきかを考えることができるんですから(^◇^)

 

天使のカード~旅立ちに寄せて

2015/10/30

いつもお読みくださいまして、ありがとうございます(#^.^#)

 

以前お越しくださっていた母娘さん。
先日お嬢さんから「結婚しました」とご報告のお手紙をちょうだいしました。
日付を見たら、ご結婚されてから1週間ほど。
早速にお手紙を書いてくださったのだと思うと、なんだか胸の奥がジンワリしてしまいました。

早速お祝いをと思い。。。

happy angel 01 happy angel 02

 

ご本人とお母さま宛てに、カードを送らせていただきました。

こうしてゆかりある方から幸せなご報告をいただけること、新たなスタートのお祝いをさせていただけること、改めてありがたいなと感じます。

どうぞ末永くお幸せに♡

 

「足指ギュッ!」で地に足を着けましょう!

2015/10/29

よく耳にする「地に足を着ける」という言葉。
精神的なことを表現するときに使われる言葉のような気がしますけれど、
そんな地に足がついていない状態、ちょっと浮ついた状態の時って、実は実際に脚に力が入っていなくて、踏ん張りがきいていない状態だったりするんですよ!
気づいてました?

だから、「ちょっと頭がフワフワしてるみたい」とか、現実に直面できていないと感じるときは、気持ちをどうこうしようとするよりも、物理的に脚にしっかりと力を入れられる状態に持っていった方が早かったりします。
そしてそのための方法として、わたしが一番簡単で、一番早いと思うのが、以前から推奨している「足指ギュッ!」なんです。

足指をしっかりと意識できて力を入れられること、しっかりと使えることは本当に大事なんです。
足指の力がないと、上半身も安定せず、猫背になったり、肩こりがしたり、、、良いことなしなんですよ。

まずはご自分の足の指がしっかりと開くことができるか、チェックしてみてくださいね!
そしてもし開くことができない方は、こんなトレーニングを・・・

右手と左足同士、左手と右足同士、指を交互に股まで入れて、しっかりと握りあってください。
o0240032012926636805
↑こんな感じ

「痛くてこんなにしっかり指が入らない」という方は、無理せずにできるところまでで大丈夫。
一旦外してから、もう一度組んでみると、前よりも少し楽に入ると思います。
それを繰り返していると、数日でしっかりと股まで握れるようになりますよ♪

そうやって指の力がついてきたら、その指で大地をしっかりとつかむような気持ちで、足指に力を入れて立ってみてください。
5本の指全部にしっかりと体重が乗っていることを感じてくださいね!
そうしたら、親指にちょっとだけ余計に力を入れてみてください。
すると、脚の内側の筋肉がしっかりと使えているのが感じられると思います。
そして、肛門も締まり、おヘソの奥の方の筋肉も使えていることも意識できると思います。
インナーマッスルが使えているということですね♪

こんな風にして、足指をしっかりと意識して使うだけで、体幹も鍛え、姿勢も正せるというおまけ付き。とてもシンプルな方法ですけれど、とても効果的だと思います。

正しい姿勢の理想は『上虚下実』
下半身がしっかりと安定していれば(下実)、上半身には力はいらないんですね(上虚)。
下半身が安定していないから、上半身に余計な力が入ってしまい、結果、肩こりや背中の張りになってしまうんです。

正しい姿勢は、本来は楽な姿勢なはず。
足指をしっかり意識して使って、いつでも楽に正しい姿勢でいたいですね♪
それが若さにもつながると思います。