整膚とリラクセンス・ボディセラピーを通して、体の手当て+心にも手当て

contact
access

ブログ

川喜多映画記念館、と28日のお茶会について

2016/1/20

いつもご訪問くださいましてありがとうございます<(_ _)>

 

鎌倉の小町通りのずっと奥の脇を入ったところに、「川喜多映画記念館」があります。

映画の発展に大きく貢献した川喜多長政・かしこ夫妻の旧宅跡に、鎌倉市における映画文化の発展を期して、2010年4月に開館したそうですが、よく古い映画の上映も行なっているので、以前から気になっていたんです。

実はわたし、子供のころからなぜか古い映画が好きで、小学生の頃い好きだった女優さんがなぜかイングリッド・バーグマンだったという・・・(笑)

なので、この映画館のことはとっても気になっていたのですけれど、なぜかなかなか腰が上がらずに月日だけが過ぎていたのですが、、、

ふと思い立って、昨日初めて行ってまいりました!

「映画が恋した世界の文学」と題した企画が昨日から始まり、3月半ばまで8作品上映される予定です。

で、昨日の上映作品は「パルムの僧院」

もうね、ジェラール・フィリップが素敵すぎて~♡

しっかり魅了されてしまった3時間でした(#^.^#)

それにしても、昔の俳優さんたちって、どうしてあんなに美しく、品があるのでしょう?

映画を通して、その秘訣に少しでも触れたいです♪

 

 

1月28日のお茶会ですが、4名満席となったその後も、何人かの方がご希望くださって。。。

とっても嬉しいです、ありがとうございます<(_ _)>

4名で満席としたのはテーブルスペースの関係なので、お問い合わせくださった方にはご参加いただくことにいたしました。

もし、「わたしも参加したいと思っていたの!」という方がいらっしゃったら、ぜひ一度ご連絡くださいね!

皆さまにご参加いただける形を考えておりますので!

どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

 

1月17日

2016/1/17

 

21年前の今日は、阪神淡路大震災の起こった日。

ずっと逗子に住んでいるわたしにとっても、実はこの年この日を忘れられない理由があります。

 

震災の前の年の10月末に父が亡くなり、そのひと月後には母の癌も発覚し、年明けには入院して手術しましょうというタイミングでの母の誕生日が1月17日、その日でした。

加えて、当時わたしが勤めていた会社のハワイへの社員旅行の最終日、みんなが帰国する日でもあったんです。

父のこと、母のことがあったので、わたしは参加せず自宅に待機していたのですが、なぜかその日は早くに目が覚めてしまい、何気なくテレビをつけた途端、変わり果てた関西の街の映像が飛び込んで来た時の衝撃は、今でも覚えています。

勤めていた会社には大阪に支店もあったので、社員の方々のご家族はどうしているだろう?みんなは無事に帰国できるだろうか?などという思いも浮かんで、居ても立ってもいられない心境になりました。

その後、みんなは無事に帰国し、会社関係のご家族も皆無事ということが分かり、ホッとしましたが、

その後に出会った方々の中には関西ご出身の方も多数いらして、中にはご親戚の方が亡くなったという話をお聴きすることもありました。

 

こういった災害で亡くなられた方々の報道を見聞きすることは多々ありますけれど、どうしても数字で表されることしかなく、わたしたちも数字の大きさで被害の悲惨さを判断してしまいがちになりますが。。。

その数字で表される方々の一人ひとりに、大切にされていたご家族の存在があり、日常の生活があり、一生懸命生きていらした軌跡が会ったのだということを忘れてはならないのだと思います。

 

不慮の災害で肉親を失った悲しみや苦しみは、きっと何年たっても癒えることはないと思いますし、その方たちの苦しみを癒すことはわたしにはできないけれど、

せめて自分と同じように一生懸命生きていた方々が存在していたことを忘れずに、自分も最期の日が来るまで、明るく、自分の人生を生ききりたいと思います。

 

21年前のこの日に亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りするとともに、残されたご家族の悲しみが、時とともに少しでも癒えることを心よりお祈りいたします。

 

 

痛みは普段の生活を見直すきっかけ

2016/1/17

 

1月のお茶会ですが、先日満席にはなりましたが、もうお一人ご参加をご希望くださる方がいらっしゃいました。

「もしもキャンセルが出るようなことがあれば、是非参加させていただきたく、よろしくお願いいたします」とのメッセージをいただき、、、

テーブルのスペースの問題で4名満席としているだけなので、せっかくそこまでご希望くださったのですから、ぜひご参加いただきたい!

それに人数が多いほうがいろいろな方と練習できるので、レッスンとしては実はとっても嬉しいこと♪

ということで、その方にもご参加いただくことにいたしました。

ご参加くださる皆さま、普段よりもさらに充実したお時間を過ごしていただけると思います。

楽しみになさってくださいね!

 

 

急に寒さが厳しくなってきたせいか、はたまた気温差が大きいせいか、年末から年明けにかけて、体調を崩される方が多くなっています。

風邪も流行っているみたいですしね。

そういった中のおひとりで、腰を痛めてしまった方がいらっしゃったのですが、、、

大きく崩される前にお越しくださったので、おそらくこのまま回復に向かわれると思います。

 

その方は今回初めて腰を痛められたそうなのですが、

「最初は『なんで?』と思ったんですけど、初めて腰が痛くなったことで、『体の使い方が悪かったかな?』とか、『鞄をいつも片方ばかりで持っていたからかな?』とか、普段の生活を見直すきっかけになってよかったです」

そうおっしゃっていたんですね。

 

痛みや不快感は、体からのシグナル。

それをしっかりと受け止められて、ご自身を顧みる材料にされていることが、本当にすごいな~!と思いました。

頭ではわかっていても、なかなかできないことですよね!

いつもお客さまに教わってばかりです。

 

体からのシグナルに気づいたら、できるだけ早く対処して、二度と繰り返さないように日常をちょっとだけ意識して変えてみる。

それがいつまでも元気に楽しく過ごす秘訣なのでしょうね♬

 

 

風邪をひかれている皆さま、くれぐれもお大事になさってくださいね♡

 

 

セルフケアのできる人になろう!

2016/1/13

 

28日のお茶会ですが、お申込み4名、満席となりました!

ありがとうございます(*’▽’)

「ずっと参加したかった」と言ってくださって、本当に嬉しくありがたいです。

地味~に続けておりますが、お心にとめてくださる方がいてくださることは、本当に心強く、継続するための力をいただいています。

ご参加くださる皆さまに、「参加してよかった!」と思っていただけるようにがんばります(#^.^#)

 

 

昨日、今日と、急に冷え込んできたせいか、風邪をひかれたり腰を痛めたりと、体調を崩されている方が多いようですね。

暖冬と言われたこの冬も、ここにきて冬らしい気候になってきたということでしょうか?

朝晩と昼間の気温差もとても大きくなっていますから、どうぞ暖かくして、体を冷やさないように気をつけてくださいね!

 

 

そんな冷え込みの強かった今日、午前中は、今年から本格的に整体師としての活動を始められる友人のご主人が開催される講座へ参加してきました。

月に一度、ゲスト講師の方の講座と、整体師のご主人の講座との2本立て。

DSC_0164

第1回目の今日のゲスト講師は国際薬膳師の先生。

薬膳の基本と、この時期の食養生について教えていただきました。

そして整体師の方の講座のテーマは腰痛。

腰痛の主な原因とその対処のしかたを教えていただきましたよ。

自分の体質、年齢、その時々の体調に合わせることはもちろんですが、季節に合った生活を送ることも、セルフメンテナンスにはとても大切。

分かっていてもなかなかできないのが人間ですけれど、何かひとつでもいいから、プラスになることを加えることを意識していきたいですね!

それが結局は、ピンシャンコロリへの近道でもあるんですよね。

 

この講座、2月にはアロマ、3月には美肌をテーマに開催されるとのこと。

実はわたしも4月にゲスト講師として、整膚のレッスンをさせていただくことになっています。

公募はしておりませんので、ご参加ご希望の方はご連絡をいただければ、詳細をお知らせいたします。

ただ、初回の今日も既に定員オーバーだったので、お席の空きがあるかどうかは主催者の方に確認してみないと分からない状況です。

ですので、ご参加ご希望くださる方は、ぜひ早目にご連絡いただければと思います。

 

 

求めていただけたご縁を大切に

2016/1/11

いつもご訪問くださいましてありがとうございます<(_ _)>

 

1月7日の七草粥をきっかけに、朝粥生活を送っています。
年が明けてから、

自分の体ともっとちゃんと向き合って、いつまでも枯れずに颯爽としていたい!
そのためにも、今のもっさりした体をもっとシャープに軽やかにしたい♪

そう決めて、意識して生活をしていたら、今までただなんとなく同じメニューの朝ご飯を食べていたことに疑問を感じ始めました。

寒い冬の胃に、パンとサラダよりもふさわしい食べ物があるんじゃない?

そう思い始めていたタイミングに食べた七草粥。

今の私に必要な滋養がたっぷり含まれていて、胃にも優しく感じました。

いつもずっと同じにする、というつもりはありませんけれど、いま必要なものを感じながら、体をいたわって選んでいきたいと思います。

 

年末、年明けと、何人かの方に整膚を初めてご体験いただく機会をいただいています。

そして、そのほとんどの方がとても整膚を必要としてくださっているとも感じています。

きっと無意識のところで、整膚を求めてくださったからこそ、こうして整膚と出合っていただけたのだと思います。

求めていただいたのですから、少しでもその方々の健康に役立てていただけるよう、一層の幸せにつなげていただけるよう、しっかりお伝えしよう!と気持ちも新たにしています。

それが、ご縁を大切にするということなのですよね。

 

 

28日のお茶会ですが、もうおひとりご参加をご希望くださいました。

ありがとうございます(*’▽’)

ご参加くださる皆さまに、充実した楽しいひと時を送っていただけるよう、わたしもしっかり努めさせていただきますね!(#^.^#)

 

本当にセルフケアしたいと思ったら・・・

2016/1/10

いつもご訪問くださいましてありがとうございます<(_ _)>

 

以前、うちの風水の問題を解決するために(なのか?)、水の龍と山の龍を描いて、それぞれしかるべき場所に飾っておきました。

すると、それを目ざとく見つけたあるお客さまから、去年末、「マゼンタの龍を描いていただけませんか?」とご依頼いただいておりました。

で、描き上げたのがこちらの龍↓

20151209 tomaki

ちなみに、うちにある水の龍と山の龍がこちらです↓

水の龍

山の龍

 

とっても気に入って喜んでいただけたので、良かった!(#^.^#)

 

そのお客さまですが、もう3年以上、月に一回のペースで整膚に通ってくださっています。

頭通持ちの方で、後頭部から首、背中まで、まるで板のようにバンッ!と張っていらっしゃいました。

それでも少しずつ緊張をほぐして、どんどん改善されきて、最近では、ちょっと頭痛が起きそう(=首や背中が張ってきた)と思うと、ご自分で緩めることができるようになってきたそうです!

当然、頭痛が起きる回数は激減して、生活の質が上がりますね♬

 

「自分で緩める」と言うと簡単そうに聞こえますけれど、実はなかなかできるものではないのですよね!

というのも、ほとんどの方が、ご自分が本当に緩んでいる状態というものを分かっていないから。

緊張がなく緩んでいるという状態を長いこと体感していないので、どういう状態が自分にとって緩んでいる状態なのか分からない・・・至極当然のことだと思います。

そして、自分にとって緊張のないしなやかな体の状態がどういう感覚のものなのかが分かっていないと、せっかくセルフケアをしていても、どいういう状態を目指せばいいのかも分からないですよね?

まずは深部にある緊張をほぐして、「緩んでいる」という状態をしっかり体感すること。

真の意味でのセルフケアはそこから始まるのだと思います。

 

「体が緩むと、顏の色つやまでよくなってくるんですね!最近、顏のつやが出てきたな~!って自分でも思うんですよ(^^♪」

嬉しそうにそう言っていただけて、わたしまで幸せな気分になりました(#^.^#)

ありがとうございます♡

 

 

28日「整膚 de お茶会」

2016/1/9

いつもご訪問くださいましてありがとうございます<(_ _)>

 

今月28日(木)の「整膚 de お茶会」ですが、ただ今2名の方がお申込みくださっています。

ありがとうございます<(_ _)>

 

このお茶会では、ご自身の健康のため、そしてご家族の健康のために整膚を役立てていただきたいと思って企画しています。

整膚は指で皮膚を軽くひっぱたり、心地よく刺激をするシンプルな健康法であり、美容法です。

でもシンプルだからこそ、ちょっとしたポイントを押さえておくかおかないかで、結果に差が出てしまうものでもあるんです。

自分一人で整膚を練習していると自己流になってしまって、あまり効果が表れない、、、なんてことになってしまってはもったいない!

どうせやるなら、気持ちよく効果が高い方が良いに決まっていますよね!

 

お茶会では、整膚を効果的に行なっていただくポイントを分かりやすくお伝えして、皆さんにお互いを整膚し合っていただく形をとっています。

皆さんいつも、それぞれの筋肉や皮膚感が全く違うことに驚かれます。

その違いが分かるのもまた面白いものですよ!

手作りのお菓子や美味しいお茶、そしておしゃべりも楽しんでいただいて、整膚でゆるっとした時間をご一緒しませんか?

皆さまのご参加をお待ちしております(#^.^#)

 

「整膚 de お茶会」

日時: 1月28日(木)13時~16時
場所: くつろぎ処あんこ屋
参加費: 2,000円

 

 

大事なことは、きっと後から分かるものだと思う

2016/1/8

ブログでは書いていませんでしたけれど、実はラジオの仕事に年末で一区切りつけました。

と言っても、実質的には今日が最後の仕事。

最後まで失敗なく無事にとはいかなかったところが、あまりに私らしすぎて、スタッフの方々も苦笑い^_^;

それでも何とかお役目を終えられたことに、ホッとしています。

DSC_0134

2週間前にスタッフの方々からいただいたきれいな花束。

実はまだ玄関先で、きれいに咲いています♬

 

この仕事をさせていただいている間というもの、本当に失敗が多すぎて(笑)、へこむことも多々ありましたけれど、

今振り返ってみると、それでも少しは成長したし、何らかのものはつかめたような気がしています。

今回の仕事を通して学んだことや身につけたことはたくさんあったと思うけれど、、、

本当に大事なこと、大きなことは、きっと今はまだ分かっていないのだと思っています。

今までがそうだったように、ず~っと先になってはるか昔のこととして振り返った時に、初めて気づくことがきっと出てくるのだと。

だから今は無理やり意味をつけようとすることは止めておきます。

ただ一つ、もっと深めたいと思ったことがあるので、それだけは近い将来に挑戦したいとも思っています。

 

それにしても、一つ物事に区切りをつけるのは、それなりのエネルギーを使うものですね!

一晩しっかりと眠って、明日はまた新たな一日!

 

今日も一日、お疲れさまでした。

皆さまも、ぐっすりお休みくださいね(#^.^#)

 

 

90歳の女性が「筋肉が喜んでる!」って?!

2016/1/7

昨年12月は伺えなかった、高齢者施設へのボランティア整膚。

今日、ほぼ2か月ぶりに行ってきました。

入所者の皆さま、ご無沙汰してしまってごめんなさい<(_ _)>

 

1月というのに・・・という暖かさは続いていて、自転車で坂を上ったら、すっかり汗かきました!

でもこの暖かさのおかげなのか、どうやらインフルエンザは流行していないようで、その点はちょっと安心。

いつものように2フロアーを回って、整膚を楽しんでいただきました(^^♪

 

実は少し前までは、ちょっとした遠慮があって、顔の整膚はしていなかったのですけれど、ここ最近はできるだけお顔も整膚させていただいています。

というのは、単純に気持ちが良いからということもありますけれど、顏、特に顎や口の周辺を整膚することによって、唾液の分泌が促され、噛んだり飲み込んだりしやすくなるから。

ご高齢の方にとって、飲み込む(嚥下)力は、時に命を左右する大きな問題。

月に1,2回できるかどうかではありますけれど、できるだけ生活の質を維持するためにお役に立てたらと思っています。

 

そんな感じで、ゆるゆると整膚をさせていただいたのですけれど、ちょっと驚かされたご婦人がいらっしゃいました。

ご自身の申告によると、90歳というその女性。

お話もしっかりしていて、動きもしゃんとしていらっしゃったのですが、とても気持ちよく整膚を受けてくださって、

その方の番が終わって、次の方の整膚を始めると、、

「すごく気持ち良いでしょ?筋肉が喜んでる感じよね!」

そうおっしゃったんです。

 

筋肉が喜んでる!!

 

90歳の女性の口から出る言葉とは全く想像していなかったので、びっくりしてしまいました(゚Д゚)

90歳を超えてなお、筋肉が喜んでいるという感覚を感じることができるって、本当にすごいですよね!

きっといろいろなことに対して、自分の感覚や、どう感じたかを、とても大切にされているのだろうな~と想像できました。

この感受性、肉体的な感覚の鋭さを見習わなきゃ!と思った50歳のわたしでした(笑)

 

そんなこんなで、今日も一日、無事に終わろうとしています。

一日平安に過ごせたこと、美味しい食事を友人とともにできたこと、全てに感謝です(#^.^#)

 

 

無意識に行動を止めていたもの

2016/1/6

本当に暖かい日が続いていますね。

でもどうやら、成人式あたりは急激に気温が下がるとか(←本当?)

2年前の大雪の成人式の時も、前日は暖かい日だったそうなので、十分に気をつけておかなきゃいけませんね!

 

これからは今まで以上に、自分の体の手入れをしようと思い立ち、もっさりと重たい体の流れを整えています。

それと同時に気になってきたのが、左右差の大きい顔。

以前から顔の整膚をしている時に気になってはいたのですけれど、「まぁ、こんなもんだよね」とあまり気にしていませんでした。

が、ちゃんと左右対称なのがきっとあるべき状態。

だとしたら、「こんなもん」で済ませずに、きちんと意識的にケアしてあげようと思い立ちました。

これからは、見た目にも少しこだわっていこうかな~、なんて(笑)

 

ところで、この「わたしってこんなもん、この程度のもの」という思考。

これは、これまでの人生のどこかで身につけてしまった諦めの状態に他なりません。

一つ気づくと、「わたしってこんなもん」って、無意識のうちに自分自身を諦めてしまっていたことが、こんなにたくさんあったんだ!!と、出てくる、出てくる・・・(笑)

 

その中のあるものは、生まれながらというか、物心ついたときにはもう身についてしまったものだったりします。

これは親の影響とか、周囲の環境によるものなのでしょうね!

またあるものは、長い年月の中で自分自身で身につけてしまったものだということにも気づきました。

きっとその時には、自分自身を守るため、または物事をうまく乗り切るために、必要だったのでしょう。

 

いずれにしても、この「わたしってこんな程度」という思考は、知らず知らずのうちに無意識の中に埋め込まれてしまった観念のようなもの。

だから自分ではそうと気づかないうちに、あらゆる場面で「行動」することを止めてしまっているのだということにも気づくようになりました。

そして、その思考回路がどれほど自分の世界を狭めているのか、なによりも、どれほど「楽しい!幸せ♪」と思う物事から自分自身を遠ざけてきたのかということに、ふいに気づいてしまいました。

こんな服着られたらいいなぁ~と思っても、
こんなインテリア素敵!と思っても、
こんなこと習いたいなぁと思っても、
こんな経験がしたいと思っても、

無意識のうちに、「わたしはこんなもんだから、似合わないし、止めとこう」という思考回路になってしまっていたのでした。

そう、行動しないことの言い訳になっていたんですね。

 

そうと気づいたからには、その観念とはキッパリお別れすることにしました。

自分がどの程度なのかなんて、本当は自分自身では分からないもの。

興味のあること、心惹かれること出合ったら、言い訳などせず、可能な限り大切にして行動したいと思います。

そうやっていくことが本当の意味で自分を大切にすることなのだと思うし、そうやって自分と丁寧に向き合ってこそ、他人と丁寧に向き合って、その幸せを願い、応援することができるのですよね。

これからは自分の喜びも、他人の幸せも、もっと応援して実現できるように、大切に丁寧に行動しよう!(#^.^#)